1988年春 ロンドン・ホームステイ3週間&ヨーロッパ旅行10日間

旅先のおみやげシリーズその3──英米ホームステイのときに買ったもの

大学時代の初めての海外旅行であるアメリカ・ホームステイ中、やたら買い込んだもの───それは、本です。ペーパーバックです。
特に、大学生の私にも辞書なしで読める、ジュニア向けの小説です。

大学の生協にも洋書の小説はおいてありましたが、やはり、ペンギンブックスで、いわゆる古典、あるいはいかにも文学作品らしい、評価の確立した、大学の教材になりそうな本ばかりでした。
(私は英文学科でした@)

そして当時の私の生活圏内には、洋書が豊富な大書店はありませんでした。あるとしても、ちょっとお出かけ先。そんなに頻繁に行けるものでもありませんでした。

アメリカのサンフランシスコ……の隣のサンノゼにホームステイしていて、何が楽しかったか、というと、そりゃあもう、本屋に足を運ぶことでした@
まずは、ジュニアコーナーにまっしぐら。
目当ては、子供の頃に読んだ英米文学の原作。それから、特に知らない作家の知らないタイトルのものでも、ちょいと思わせぶりな表紙のイラストと裏表紙のあらすじを参考に面白そうな小説を見つけるのも楽しみでした。

「チャーリーとチョコレート工場」のロアルド・ダール(Roald Dahl)のものや、R・L・グリーン(Roger Lancelyn Green)の、子供向けに易しく面白く書かれた神話や歴史シリーズ、それからローラ・ヒル(Lorna Hill)のサドラーズウェルズ・バレエ(現バーミンガム・ロイヤルバレエ団)・シリーズを見つけたのも、ホームスティ中の英米で、です。

それから、ジュニア小説ではありませんが、ホラーが好きで、特にジョン・ソールが好きでしたので、その後のイギリスのホームスティ中でも、書店でジョン・ソールの新刊を見つけると、飛びついたものです。
(ジョン・ソールはアメリカ作家ですけどね。同じ英語圏だから、新刊がほぼ同時に出てたと思う@)

書店めぐりが楽しみなのは、日本でも同じです。
ただ、アメリカやイギリスの書店では、日本になかなか紹介されない本を自分で開発することができます。
当時は、新刊が出てから翻訳が出版されるまでもっと時間がかかっていた気がします。あるいはそれほど話題作ではないと、翻訳は出ませんしね。
あるいは、海外で目をつけて買て読んでみたあとで、日本でも売られていたことに気付いた、とか。先ほどの挙げた中では、ロアルド・ダールやグリーンなど。

ただ、日本で出ている翻訳がいかにもジュニア小説って装丁だとしたら、大学生の私がわざわざ買って読もうと思ったかどうかは不明。
今はハリーポッターのおかげで、大人が童話を買うのも全然ふつうになりましたけどね。
それに、ジュニア小説くらいなら原文で読みたいものです。そもそも好きな海外文学を原文で読みたくて、大学の学部を決めたのですから。

しかし、大学時代に行ったアメリカやイギリスで本をどんどん買い込むことに拍車をかけたのは、旅行ではなく、ホームステイだったからでしょう。移動がないので、買ったものがどんどんたまっても、気にならなかったのです。

初めての海外のアメリカ・ホームスティのとき、行きの私のスーツケースは布製の、比較的コンパクトなやつでした。
成田空港で初めて顔を合わせた、これから約1ヶ月一緒にすごす、日本から同じプログラムに参加した仲間たち、とくに女性陣には、なんでそんなに荷物が少ないの!?───と驚かれました。
ま、男の子の中には、海外だからといってもあっさりしていて、もっともっと荷物が少ない人はいましたけどね。

ところが、ステイ中に買った本が入り切らなくて、結局、スーツケースをもう1個、買いました。当時は郵送は考えませんでした。
というか、考えているヒマがなかったのが正解ですね。私がそんなに本を買い込んでいたなんて、ホストファミリーも知らなかったので、助言しようがなかったのではないかしら。
それに一種の団体旅行でしたから、飛行機に預ける重量制限は団体の総量で勘定されるせいで、うるさくありませんでしたしね。
おかげで、空港に集合したとき、「スーツケースが1個増えてる〜!」とあきれられましたっけ。
片方のスーツケースの中身は、全て本!───とバレてたら、もっとあきれられていたことでしょう。

イギリスのブライトンやロンドンのホームステイ中に買い込んだ本は、船便で日本に送りました。
実は、その後のヨーロッパ旅行でも、旅先が英語圏だったり、西欧でも、美術館のパンフレットや都市案内の本の英語版が手に入りやすい国では、旅の途中で書籍だけ、船便で送って荷物を軽くしたものです。

というわけで、ホームステイの後も、何度も出かけたイギリスはともかく、それっきり行ってないアメリカでは、買ったもの、といったら、とにもかくにも本、本、本───。

しかし、ペーパーバックの写真を撮っても、おみやげシリーズとしてはあまり面白くありません。
他に、アメリカで買ったものはないかなぁ〜〜と必死にかき集めたら、まあ、なんとか、こんなかんじになりました。

1986_america_gifts1

ちょいと配置を換えて、もう1枚。

1986_america_gifts2

本以外でアメリカで買ったおみやげとして、私の中で強く印象に残っているもの───それは、アメリカの免税店ことDuty Free Shopで買った、スワロスキーの白鳥の置物と、ウェッジウッドのペンダントヘッドです。
写真に写っているもので、ピンクと水色のペンダントがウェッジウッドです。

どちらも、アメリカ製品ではないのが、ミソ@
スワロスキーはオーストリア、ウェッジウッドはイギリス。
でも当時の私は、それらのブランド名すら、知りませんでした。

しかも、Duty Free Shopも知りませんでした。
ホームスティ仲間の日本人の男の子の1人が、「デューティーフリー・ショップ」での買い物をとても楽しみにしていましたが、私はそれをずっと聞き間違えていて、男の子なのに「ビューティフル・ショップ」にそんなに行きたいなんて、変わってるなぁ、なんて思ったりしてましたっけ。
おしゃれグッズやお化粧品でも売っている店だと思ったのです(笑)。

でも、その他のもの───イーグル(鷲)とニコニコちゃんI・LOVEのペンダントヘッドとリンゴのペーパーホルダーは、たぶん、メイド・イン・アメリカ……じゃないかしら。今となっては、もう確認のしようがありませんけど。
ま、これらは、ホストファミリーとショッピングセンターに買い物に行ったときに、本屋以外でちょこちょこと買ったものですから。
ただ、アメリカの記念に、と思って買ったわけではないのがミソかな。単に、気に入ったから@

そうそう、他にもアメリカで買ったものを思い出しました。
スタンフォード大学やUCLAにも見学に行ってまして、大学のショップで、それらの大学の文字やロゴの入ったTシャツを買いました。
でも、縫製がよくなかったので、ダメになるのも早かったです。ゆえに、もう残っていません。

ちなみに、写真の中の、風車のあるオランダの陶器の額縁は、アムステルダムで買ったものです。
前回ご紹介した写真を撮るときに入れ忘れてしまったので、混ぜてみました@

それから、この写真にももれなくワン・ポイント・ジャパニーズが入ってます。
そう、緑のカエルとピンクのスズメの消しゴムです@

イギリスで買ったおみやげは、これです。

1987_england_gifts1

これも配置を少し換えて、もう1枚!

1987_england_gifts2

イギリスは、2回のホームステイの他にも、友人との卒業旅行、それから1991年、トーマスクック片手にヨーロッパ美術紀行に出かけましたし、1993年の秋に友人と9日の日程でロンドンを旅行をしています。

というわけで、実は、これらの品々、イギリスで買ったというのは間違いないのですが、いつのイギリス訪問のときに買ったかは、記憶がごっちゃになっています。

なので、とりあえず、これはイギリスで買ったはずだ!というのをまとめて写したのが、さきほどの写真です。

ティーカップは、友人と一緒のステイか旅行のときに買ったと思います。たぶん、ブライトン・ホームステイ中。
友人がウェッジウッドのティーカップにお気に入りのがあって、本場のイギリスでもぜひ買いたいと思っていたので、私もつられました@

っていうか、私も好きなんですよね、こういう磁器の食器。このときに目覚めたといってよいでしょう。

あ、でも写真のティーカップはウェッジウッドではありません。もっと安い銘柄です(笑)。

ただ、私はコーヒー派で、実は紅茶はほとんど飲みません。イギリスに行くたびにウェッジウッドの紅茶の缶を買い込んだりしたのですが、自分用に買ったものは、何年たってもなくなりませんでした。しまいには香りもすっかり落ちてしまって、ひえ〜っ。

なので、このティーカップも、飾りと化してます。もう何年も、これ使って紅茶を飲んだことがありません。
写真のとおり、ソーサーにビー玉を並べて飾っています。さらに、写真に撮るときには出してしまいましたが、カップの中にポプリを入れて、机に飾っています@

2つのブローチとアクエリアス(みずがめ座)のデザインのペンダントは、これはブライトンで買いました。たしかブライトンには、アンティークショップ街があったんです。そう広くないエリアでしたけど。
アンティークというと、ものすごいアンティークはかなり値が張りますが、これは学生のこづかいで買えたくらいのお値段のものです。
ブローチの値段は忘れましたが、ペンダントは1ポンドだったことを覚えています。あまりに切りのいい数字だから@
しかし、当時の1ポンドは、360円でしたよねぇぇぇ。いや、もうちょっと円高になってたかな。うろ覚え。

クレイ(粘土)の家のミニチュアは、ブライトンの後の初めてのロンドンで買った気がします。
このほかにも1つ、ちょっとしたお城のような立派なものも買っていますが、それは妹にあげてしまったので手元にありません。
いやぁ、それにしても、初めてのイギリスで初めてこういう可愛らしいイギリスの代表的な家のミニチュアを見たものだから、欲しくて欲しくて我慢できなくて、重いし学生の自分には値が張ったけれど、思い切って買いました。ってことはよく覚えています。

イースターエッグは、ロンドンのピカデリー通りでひょっこり見つけたマーケットで買ったものです。確かロンドン・ホームステイ中じゃなかったかなぁ。うろ覚え。

確かそのときは、おみやげにフォートナム&メイソンの紅茶を買いに行ってた行きか帰りだったという記憶があります。そこはよく覚えています。
このエッグは木の卵で、表面のペイントは手で1つ1つ描かれたものだと思います。
マーケットで買い物してる自分に酔いながら(ほぼ初めての経験だったので@)、どこかエキゾチックな絵柄に惹かれました。

マグネットが2つあります。鼓笛隊のクマと、家のミニチュア。買った時期は別々です。

クマの方は、いかにもイギリスの衛兵らしいこの出立ち、それからイギリスといえば、クマのプーさんにパディントンという連想があったので@
ただ、このクマさん、重すぎるんですよ。マグネットで支えきれないのです。なので、足が地についているところにしか貼れない、という曲者です。

家のミニチュアの方は……数年ぶりのイギリスで見かけたクレイの家のミニチュアたち。数年前に比べて、種類も格段に増えていれば、なんかもっと洗練されているかんじがしました。
なので、すでに持っていても、とてもとても買いたくなってしまったのですが……たしかイギリスの後は大陸にわたってヨーロッパを回る予定だったか、とにかく旅行中で、頻繁に移動していましたから、さすがに荷物のことが気になり、あきらめました。
代わりにマグネットで我慢したというわけ。でも、これも結構よくできてますよ@

ワン・ポイント・ジャパニーズは───1つではないですが───ソーサーのビー玉と、家のミニチュアの前においたネコのキーホルダーのホルダーがとれたやつ。
それから、ピカチュウ!

……いや、ネコのキーホルダーのホルダーのとれたやつとピカチュウは、ティーカップの中に入れてるもので、そのまま並べました。

そう、パディントンといえば、買いましたよ、ロンドンで、パディントンのぬいぐるみ。
だってパディントン、大好きなんですもの。
当然、本も買いました。ペーパーバックで、できるだけシリーズをそろえました。

ぬいぐるみでも顔やサイズが少しずつ違っている、いろぉ〜んなパディントンが売られていましたが、その中で私の眼鏡にかなった可愛いやつを買ってきました。

1988_london_gift_paddington1

でも、このコ、帰国後に透明ケースから出して帽子を外してみたら……。

1988_london_gift_paddington2

写真ではあんまり目立たないかもしれませんが、小さな帽子に頭が無理矢理押し込められていたので、額が陥没ぎみなんです……(泣)。

隣の黒ウサギは、翌年ウサギ年になるというクリスマスのときに友人たちとのプレゼント交換でもらったものです@

| | Comments (3) | TrackBack (1)
|

旅先のおみやげシリーズその2──初めて1人で旅行したヨーロッパで買ったもの

大学時代に語学研修として3回、ホームステイ・プログラムで海外旅行へ行きました。
一応、授業時間はありましたけど、午後半日は自由時間という、ほとんど旅行目的のプログラムでした。

1回目は、サンフランシスコ───の隣のサンノゼ。これが初めての海外旅行です。
3週間のスティの後には、3日間のロサンゼルス・フリータイム付。

ステイ中も、語学教室は同じプログラムに参加した1クラスのみで行われましたし、午後はホストファミリーたちが交代で、私たち全員をあちこち観光や企画に連れ出してくれましたので、そのノリで、ロサンゼルスのフリータイムでも、私を含め1人参加の子は、だいたいみんなで一緒に過ごしました。

2回目は、南イギリスのブライトン。これも3週間のステイの後には、3日間のロンドン・フリータイムがつきました。
これは友人と2人で申し込んだので、ロンドンは2人で観光しました。

3回目は、ロンドン・ホームステイ。
これは3週間のステイの後、約1週間の添乗員付のヨーロッパ旅行がついていたはずなのでした。

ところが、ホームスティのプログラムはともかく、旅行の最小催行人数に達しなかったため、出発のかなり直前(といっても、法定の期間はあったと思います)に、主催旅行会社から、いきなり、「1人で旅行してください」と言い渡されてしまいました。

さあ、大変。
私はこのとき1人で申し込みましたから、旅の道連れはいません。
それにステイがメインで、ヨーロッパ旅行は「嬉しいオマケ」くらいにしか思っていませんでした。だからこそ、添乗員付のツアーに飛びついたのです。
まさかたったの1人で初めてのヨーロッパを旅行するハメになるなんて、思いもしませんでした。

しかし、この思い切った「荒療治!?」が、その後の私の海外旅行の方向性を決めました。
やってみたらそれほど難しいことばかなかったので、1人で海外旅行に出かける度胸がついたのです。

このロンドン・ホームスティ後のヨーロッパ旅行では、KLMだったので追加料金なしでアムステルダム片道フライトが付きました。
日本に帰国する最終の集合場所は、パリです。

というわけで、ロンドンからアムステルダムに飛んだ後は、鉄道でブリュッセル、パリへと移動することにしました。
でもKLMなので、帰りは、パリからいったんアムステルダムの空港にまた飛んでから、成田へ向かいました@

これからご紹介するのは、その初めての1人ヨーロッパ旅行で買ったおみやげです。
手にしたばかりで夢中なデジカメで撮った写真です。

まずは、アムステルダムで買ったみやげです。
アムステルダム3日間は、市内観光と美術館の他は、現地ツアーを利用して、風車村ザーンセ・スカンスと漁村フォーレンダムに行きました。

1988_amsterdam_gifts

買ったものを見て言うわけではありませんが、アムステルダムのおみやげでは、木靴を使った小物に目が引かれました。

写真の帆船も、船体は木靴です。手前に転がしたのは、木靴のミニチュア。
どちらも観光客向けのおみやげらしく、オランダを想起させる風車入りの風景画が描かれています。

お人形は、アニメの「フランダースの犬」のアロアだ!───と思って、つい手が伸びたことを覚えています。服でなく、帽子がね。
でも、フランダースの話ということであれば、オランダではなく、むしろ次の目的地ベルギーの人なんですよね、アロアは。

この写真はピアノの上に並べて撮っていますが、敷物は、2004年夏の中欧旅行のブダペストで買った、カロチャ刺繍のテーブルクロスです。

それから、ワン・ポイント・ジャパニーズとして、くまのプーさん。ディズニーの国ではなく、JR地下構内のお店で買ったものなのです@

次は、ベルギーで買ったおみやげです。
滞在したのはブリュッセルに、確か2日間だったかな。うち1日は、現地ツアーを利用して、ゲントとブリュージュに行っています。
これらのおみやげは、だいぶ記憶が薄れていますが、確かみんなブリュージュで買ったと思うんですよね。

1988_bruge_gifts

並べてみたら結構、華やかになりましたので、ワン・ポイント・ジャパニーズはありません@

まず、ブリュージュでは、ボビン刺繍が目につきました。
額縁に入っているものは、みんなボビン刺繍です。こんな風に額縁に飾られて売っていたものを買いました。

人形は、すでにアムステルダムで1つ買っていたけどまた欲しくなり、服の刺繍がきれいなのを買いました。一応、ブリュージュのボビン刺繍のはず……。
特に、青いドレスのマダムは、ステキでしょう〜@
赤いスカートの子をすでに買った後でしたが、このマダムから、なんとなぁく、マリー・アントワネットを連想して、どうしても欲しくなりました。
って、また国籍がちがーうっ!

でも、このマダム。実は人形は、隣の女の子と背丈が変わらないのです。
ドレスの中を覗いたら……足が、ドレスの裾まで届いていませんでした!!
このマダムは、つまり、ドレスの裾で支えられているのです@

最後は、パリで買ったおみやげです。確か、3日間滞在しました。

初めてのパリではやはり美術館めぐりに費やしました。それから現地ツアーを利用して、ベルサイユ宮殿へ行きました。

つまり、こうして初めての旅行は、滞在都市から日帰りしたい場合は、自力ではなく、現地ツアーを利用して、見学の幅を広げたわけです。
初心者にとっては、これも1つの方法ですよね。

ベルサイユ宮殿は、革命のときに高価な家財道具は資金調達のために海外に売り払われてしまったので、宮殿の中身はほとんどからっぽです。
少なくとも私が訪れた当時はそうでした。
ベルサイユ宮殿は初めて訪れたヨーロッパの宮殿でしたので、ヨーロッパの宮殿というものは、日本の城の畳の部屋と同じように、がらんどうで何もないのだ、と、当分の間、誤解していました@

パリで買ったおやげは、見映えのするものがあまりなかったので、キーホルダーも並べてみました。

1988_paris_gifts

買い物は……というと、今でもそうですが、ブランドには興味がないので、いかにも観光客向けの、パリを思い出させるものばかり買っています。

特に真ん中の置物!
でも、これ、結構安物なんですよ。値段は忘れましたが。
上に乗っかってる凱旋門、エッフェル塔、サクレ・クール寺院のミニチュアは、真鍮あたりに金メッキだと思いますが、それが、いまや接着剤がとれてしまって、ただ、乗っかってるだけなのです。
なので、順番を変えて楽しむことができます@
っていうか、ちゃっちすぎるよ〜〜。
土台は石で重いです。当時の私、よく買う気になりましたよ。まあ、パリが最終地点でしたからね。
でも昔の私は、ちゃっちい飾りものが、大好きでした@

キーホルダーにサッカー小僧があるのは、私がサッカーファンというわけではなくて、当時はアニメ「キャプテン翼」に夢中だったからです@
確かこのアニメは、サッカーファンの子供を増やしただけではなく、サッカーに興味のない女の子にもファン層が広がっていました。私もその1人。
キャラクターの中では、岬くんが好きでした@
父子2人、中学生のときに画家の父親に連れられて、フランスでサッカーをやっていた男の子です。
今は「キャプテン翼」と言っても、どこまで流行っているのかしら。アニメは何度も再放送されましたし、リメイクされたりしていたようですが。

キーホルダーに、アラスカのものが混ざっています。
前回ご紹介した、アンカレッジ乗継ぎのときに空港で買ったものです。前回、入れ忘れてしまいましたので、ここに混ぜてみました@
ほかに、パリで買ったキーホルダには黒いヴァイオリンもあってお気に入りだったのですが、ホルダー部分がダメになってしまったあと、どこに仕舞ったか忘れた〜〜!

ワン・ポイント・ジャパニーズは、背後においた、白い額入りのポストカードです。
これは日本のデパートでずいぶん昔に開催された印象派展のときに、額と一緒に買ったものです。
カミーユ・ピサロの絵でタイトルは「ポントワーズへの道」です。

初めてのヨーロッパ、そしてまだ学生なので、こうして見ても、それほど値の張らない細かいものを、ごちゃごちゃと買い込んで来ました。まあ、それは今でもそうなのですが……。
ただ、なにぶん、ずぶん昔の話なので、写真に撮れたのはすぐにかき集められたもののみです。

それでも、今回と前回でご紹介した分だけでも、結構ありますねぇ。

でも、この後、まだまだ続きます。
初めての海外旅行先のアメリカで買ったものとか、他に自宅を見回してすぐに出てきそうなおみやげとしては、イギリスのもの、韓国のもの、中国のもの、トルコのもの、イタリアのもの、チュニジアのもの、イスラエルのもの、スペインのもの、ロシアのもの、ドイツのもの、プラハ・ブダペストのもの、ポーランドのもの……それぞれ国別に、陳列を楽しめるだけの数はあると思います。
我ながら、おいおい、ってかんじですね。

しかし、これらのおみやげを、いろいろ考えてて陳列してを写真に収めるのが、今からとても楽しみです。
(陳列するのはちょっと手間がかかるので、いっぺんにたくさん撮影しても飽きてしまうので、少しずつね@)

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

その他のカテゴリー

*【INDEX】 | *【旅程一覧】 | *旅の準備編 | 1986年夏 サンフランシスコ・ホームスティ3週間&ロサンゼルス観光3日間 | 1987年夏 イギリス・ブライトン・ホームスティ3週間&ロンドン観光3日間 | 1988年春 ロンドン・ホームステイ3週間&ヨーロッパ旅行10日間 | 1989年春 ヨーロッパ旅行(仏・伊・独・アムステルダム・英)30日間 | 1990年夏 韓国旅行(ソウル・慶州・釜山)7日間 | 1991年秋 ヨーロッパ美術旅行(英・ベルギー・独・ウィーン・伊・仏)25日間 | 1992年春 イタリア旅行(ローマ・ペルージャ・フィレンツェ周辺) | 1992年秋 北京と西安旅行8日間 | 1993年春 北イタリア旅行(ミュンヘン・ヴェネチア・ジェノバ周辺)16日間 | 1993年秋 ロンドン旅行9日間 | 1994年冬 カッパドキアとイスタンブール旅行8日間 | 1995年春 南イタリア:マルタとシチリアをめぐる旅15日間 | 1997年春 ローマとナポリ・チュニジア旅行20日間 | 1998年秋 イスラエル旅行11日間 | 1999年秋 スペイン旅行22日間 | 2000年秋 サンクト・ペテルブルクとモスクワの旅12日間 | 2001年秋 ドイツ旅行:ベルリン~ミュンヘン縦断18日間 | 2002年秋 ドイツ旅行:ベルリン~フランクフルト横断20日間 | 2003年夏 オーストリア旅行15日間 | 2004年夏 中欧旅行 (ブダペスト・ウィーン・チェコ)20日間 | 2005年夏 プラハとポーランド旅行20日間 | 2006年秋 ハンガリーとルーマニア旅行23日間 | 2007年夏 ルーマニア旅行23日間 | 2008年夏 ブルガリア旅行17日間 | 2009年夏 ウクライナ旅行17日間 | 2010年夏 バルト三国旅行17日間 | 2010年秋 極東ロシア旅行4泊3日 | 2011年夏 コーカサス3国旅行15日間 | 2011年秋 ウズベキスタン旅行1週間 | 2012年秋 中央アジア旅行11日間 | 2013年夏 ロシア旅行18日間 | 2014年夏 ドイツ旅行18日間 | 2015年夏モスクワ再訪旅行13日間 | 2016年夏 ロシア黄金の環めぐり14日間 | 2018年夏 シベリア・ヤクーツクとサハ共和国7日間 | 中欧旅行食べ物特集 | 写真による旅行記2004年中欧旅行(ブダペスト・ウィーン・チェコ) | 旅先のおみやげシリーズ | 旅先のショーウィンドウ特集 | 旅先の動物シリーズ | 旅先の博物館シリーズ | 旅先の店内シリーズ | 旅先の植物シリーズ