September 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ

2002年秋 ドイツ旅行:ベルリン~フランクフルト横断20日間

旅先のおみやげシリーズその15──ドイツで買ったもの

一週間に一回は記事をアップしようと思っているのですが、ここのところとどこおりがちです。

10月に今年の旅行を予定していて、8月になったらオンラインでホテル検索を始めよう!と思っていたため、ネットアクセスできる時間がホテルを始めとする旅行情報検索で始終しているせいもありますが……一番の原因は、いっぺんに紹介しようと思うからですねぇ。

ブログの日記性やネットの特性を考えたら、少しずつでもこまめにアップする方がいいとわかっちゃいるんですけど~。
まあ、いいや@

というわけで、前回のロシアで買ったものも盛りだくさんでしたが、今回も盛りだくさんです。
写真は17枚もあります@

といっても、同じものをアングルを変えて撮ったり、接写したりしているうちにこの枚数になってしまったので、モノが多いかというと、うーん。

ただし、今回のドイツで買ったものは、2001年と2002年の2回の旅行を対象にしています。
日程にして計38日。
少ないはずがありません@

ドイツのお土産といえば、私にとってすぐに思い浮かぶのはおもちゃです。
実際に買う買わないは別にしても、おもちゃ博物館におもちゃ屋さんを積極的に覗きました。
行く前に、「ドイツおもちゃの国の物語」(東京書籍。川西芙沙・文/一志敦子・絵)も読みました。

でも実際に、写真を撮るために家中からドイツで買ったものをかき集めてみたら……意外なことに、アクセサリーが多かったです。
なぜ意外かというと、ドイツのアクセサリーって、ほら、素朴っていうか、シンプルというか、悪く言うとどこか無骨なかんじがなきにしもあらずですから(独断と偏見が入ってますので、あしからず@)、そうほいほい買わないと思っていたんです。
でも、38日間はやはり大きかったですわ@

写真がいっぱいあって、その説明文も長くなるので、今回はドイツへの思いなどを前書きでつらつら書いたりせずに、早速、本題に入りましょう。

でもやっぱりその前に、訪れた都市の羅列だけはしておきたいと思います。

<2001年秋のドイツ縦断旅行18日間>
ベルリン(再訪)→ポツダム→ドレスデン→ニュルンベルク(&日帰りでヴュルツブルク、バンベルク)→アウグスブルク(再訪)→フュッセン→ヴィース教会→ミュンヘン(再訪)

<2002年秋のドイツ横断旅行20日間>
ベルリン(再訪)→ハノーファー(&日帰りでブラウンシュヴァイク、ヒルデスハイム)→カッセル(&日帰りでハン・ミュンデン)→フランクフルト(&日帰りでローテンブルク、イーダー・オーバーシュタイン、マインツ)

2001年の行き先に再訪とあるのは、ドイツは、1989年と1991年のヨーロッパ旅行の際にもドイツを訪れているためです。
今回ご紹介するお土産は、1989年と1991年のものはありませんが、それぞれの旅行で訪れたドイツの都市は列挙しましょう。

<1989年春のヨーロッパ旅行30日間のうちのドイツ>
レーゲンスブルク、アウグスブルク、ウルム、ノイシュヴァンシュタイン城(アウグスブルクからフュッセン経由で日帰り)、ケルン、西ベルリン、東ベルリン(ベルリンの壁が崩壊する前でしたからね)

<1991年秋のヨーロッパ美術紀行25日間のうちのドイツ>
ケルン(再訪)、リューベック、ハンブルグ、ミュンヘン、レーゲンスブルク(再訪)

ドイツは観光魅力が首都偏重でなく、珠玉のような町があちこちに散在していますが、こうやって振り返ってみても、気に入ったところ、観光し足りないと思ったところは再訪する、という、我ながら、なかなかに贅沢な旅程の組み方をしています@

では、そのうち2001年と2002年の旅行で買ったお土産の紹介、と参りましょう。

ちなみに、今回は旅行ノートをちゃんとひっくり返しましたので、値段もご紹介します。

2001年度はまだドイツ・マルクでした。1DM=55~56円くらいで換算しています。
2002年からついにユーロの導入です。でも当時の換算レートは、1Euro=約120円です。

20012_germany_gifts01

配置が楽しくて、ぎっしり並べてしまいました@
ところが、この中で目立つものは、ドイツで買ったものではなく、日本で買ったものだったりするんですよねぇ。
純粋にドイツで買ったものだけを並べると、きっともっと地味になります(笑)。

まず、フクロウの額縁。これは木象嵌の絵なのです。
自然の木の色や木目を生かし、木をはめ込んで作られた絵なのです。
箱根・小田原地方に伝わる伝統工芸で、約100年の歴史があるそうです。
作者は高橋貞夫さん。

思いっきりジャパニーズです@

それから、小箱の左隣と写真の中央とその左隣にある石の結晶も、日本で買いました。鉱物化石フェアで買ったものです。
私の中で眠っていた石好きの気持ちを再びよみがえらせたきっかけが、ミュンヘンのニンフェンブルク宮の庭園内にあった自然博物館だったので、その縁から、ドイツで買ったものの写真の中に入れたくなりました。

小箱の左隣は、紫水晶です。水晶の中でも紫水晶は大きな結晶に成長しやすいです。自然博物館の鉱物コーナーではよく見かけますし、あるいはどこぞのビルや店のレセプションのようなところに、巨大な紫水晶が飾られたりしているのを目にすることがあるでしょう。

中央の結晶は、アポフィライト(魚眼石)です。
名前くらい知っていましたが、ウンチクはこの際横において、見た目が気に入ったし、お値段も安かったので買いました@

アポティライトの左隣は、ダグウェイ(Dugway)という鉱石です。
内側にびっしりと微小な水晶が生えていて、ミクロのキラキラな世界が広がっています。無骨な外側からとのギャップが面白い石です。

花柄の敷物は、ハンガリーのカロチャ刺繍。

以上がドイツ以外で買ったものです。
残りが、ドイツで買ったものです。

同じ小物たちを対象に、背景と配置を変えて、もう一枚写真を撮りました。

20012_germany_gifts02

今度の背景の写真は、ドイツです。お気に入りの写真を2Lサイズに焼増ししました。
ドイツらしい木組みの家が見られますでしょ@
どちらもハン・ミュンデンで撮りました。

これら2枚の写真に登場したドイツのお土産ですが、まずは右端の丸い木箱は、ローテンブルクで買いました。フタの裏には、その場で名前を焼き付けてもらいました。
お値段は16ユーロ。
当時のレート(1Euro=約120円)で円換算すると、約1,920円です。

ローテンブルクはフランクフルクから現地ツアーで出かけました。
この小箱、実はそのときに案内された、リースリング・ワインのお店で買いました。

ワインの店で、ワインを買わずに木の小箱@

だって瓶モノは重いですもの。
買うとしたら最終日か、最後の空港で、って決めてましたから。
でも、試飲したリースリング・ワインは甘くて口あたりがよくてとっても美味しくて、1本くらい買ってしまおうかなぁという誘惑にかられそうになりました。

真ん中にあるミニチュア食器は、買ったところは思い出せません~。
当時の旅行ノートをひっくり返したのですが、メモが見あたらず。
ただし、こういうのがたくさんあるお店は、店内を見て回るだけでもとても楽しかったことは覚えています。

手前の三つの丸いのは磁石です。フランクフルトで、ドイツらしい図柄のものを、ばら撒き用のお土産としてたくさん買っておきましたが、そのうちこれらが手元に残りました。
とはいえ、ドイツらしい図柄、と思った磁石ですが、建物といい、鷲の紋章といい、むしろフランクフルト限定かもしれませんね。
ま、それもドイツには変わりないですけど@

お値段は、1つ4.50ユーロ。
当時のレート(1Euro=約120円)で円換算すると、約540円です。

次は、ドイツで買ったものを盛りだくさんにファインダーに収めてみました。
ワン・ポイント・ジャパニーズもちゃんとあります@

20012_germany_gifts03

もっとばらけて撮った写真もありますので、説明はそちらで。

ちなみに、敷物にしているのは、友人からもらったベトナム土産です。布製のコースターです。
そして、ワン・ポイント・ジャパニーズは……さあて、どれでしょう@

20012_germany_gifts04

この写真には、さっきの盛りだくさんに入れ損ねたものが一点加わっています。

左端にいる、サンタクロースは、Rauchermann、すなわち喫煙人形です。
このサンタさん、中にお香(あるいはそんなようなもの)を入れるところがあって、口から煙が出てくる仕組みになっているのです。

このサンタさんは、ドレスデンの路上の土産屋で買いました。
かの有名な、「君主の行進」の壁画に近いところで店を構えていました。
お値段は15.70ドイツ・マルク。
当時のレート(1DM=約55円)で円換算すると、約864円となります。

隣のクリスマスの木の飾りも、ドレスデンで買いました。今度は路上ではなく、おもちゃや木細工などがたくさん売られた専門の店で買いました。
大半がクリスマスの飾りでした。
ドレスデンに行ったのは9月でしたが、すでにクリスマス・グッズのセールが始まっていました。
前年度のものが少し安売りされていたようです。
お値段は48ドイツ・マルク。セール価格です。
当時のレート(1DM=約55円)で円換算すると、約2,640円となります。

背景にぶら下がっているのは、ステンレス製かしら。錫かしら。
こういう浮彫チックな壁飾りです。
ニュルンベルクの中世職人広場のお土産屋で見つけました。ちょっと重かったのですが、とても気に入ったので、重量はこの際、目をつぶることにしました。

右端のパトカー。これはワン・ポイント・ジャパニーズではなく、れっきとしたドイツ土産です@
まあ、このSikuのミニカー・シリーズが日本のデパートのおもちゃ売り場にいくらでもあることを知ったのは、帰国した後でしたけれど……。
でも、ほら、警察という文字はちゃぁんとドイツ語でPOLIZEIと書いてあります。

お値段は、2.99ユーロ。3ユーロと言い切らない値段のつけ方に、売り手の世界共通の小技を感じます@
当時のレート(1Euro=約120円)で円換算し、端数を切り上げると、約360円となります。

Sikuシリーズのミニカーはいろいろありましたが、この警察のバンに惹かれたのは、何日か前にたくさん目にしからです。
実は、2度目のベルリンの時ですが、首相か誰かの選挙期間と重なっていました。
ベルリンのツォー駅近く、オイローパーセンターのすぐそばに、候補者の演説会場のようなものが準備されていました。
その周りを、たくさんの警察のバンが囲んでしました。
へぇ~っ、こっちのパトカーって、白地に緑か。爽やかな色彩~っ!
って印象に残りました。
それで、次の町、ハノーバー駅構内の店でこのおもちゃを見かけて、つい、記念に欲しくなってしまったんですね@
同じものを当時2才になる甥にも買ってあげました。

ちなみに、この写真の中でワン・ポイント・ジャパニーズは、そのパトカーの上に乗っかっているおじいさん顔のペンダントです。
おじいさん妖精、みたいなものかなぁ。
でも、可愛いでしょ@

次は、もっとすっきりとした写真です。

20012_germany_gifts05

サンタさんは、こんな風に白い基部が外れるようになっています。真ん中のステンレスっぽいところに、お香のようなものを乗せます。
やったこと、ないですけど。

右のくるみ割り人形。これは確かドイツで買ったと思ったのですが、どの都市で買ったか忘れました~@
旅行ノートをひっくり返してもでてきませんでした。
ひょっとして翌年2003年のオーストリア旅行のときに買ったものだったかしら。

次の写真は、ニュルンベルクのステンレス製の壁飾りを近くで撮影したものです。
それにアクセサリーを添えてみました。

20012_germany_gifts06

おわかりでしょうか、実はこの飾りは四季を描いているんですね。
手のひらを広げたくらい大きさです。これより大きいのも小さいのもありましたが、中くらいのものを買いました。

お値段は72ドイツ・マルク。
当時のレート(1DM=約55円)で円換算すると、約3,960円です。

この図柄がもっとよく分かるように撮った写真をご紹介しましょう。

20012_germany_gifts07

まずは、春の図柄です。
野や木々に花がいっぱいです。

赤いハートのチョーカータイプのペンダント(クリスタルガラス付)は、ドレスデンで滞在したホテルのギフトショップで買いました。
正確には、レセプションの入口近くに、ギフトショップではこういうのがあるよ、とケースに展示されていたものを、レセプションの人にお願いして出してもらったのです@
お値段は、57ドイツ・マルク。
当時のレート(1DM=約55円)で円換算すると、約3,135円です。

黒に白い模様が入っているのは、石のペンダントです。
石は、スノーフレーク・オブシディアンといいます。
和名が黒曜石であるオブシテディアンに、雪片(スノーフレーク)のような白い模様が入っているためについた名前です。
お値段は、2ユーロ。
当時のレート(1Euro=約120円)で円換算すると、約240円です。
黒曜石自体、それほど高価な石ではありませんが、これは店の外に陳列された商品で、プレートにじゃらじゃらと入っていたものなので、安いです。

この石は、イーダーオーバーシュタインという町で買いました。フランクフルト・アム・マインから日帰りで行けます。
もともとはイーダーとオーバーシュタインという2つの町が合併して出来た町です。かつてアゲート(メノウ)の有名な産地であり、ほとんど採れなくなった後でも、カッティング技術で栄えました。
現在でも装飾デザイン高等学校あり、中央宝石学養成所があり。
また「ダイヤモンド宝石取引所」には世界中のバイヤーが集まる、宝石の集積地でもあります。日程さえあえば、そこの見本市に行ってみたかった~。

しかし、なんといってもこの町の目当ては、宝石博物館ですっ!
イーダーとオーバーシュタインそれぞれにありました~!!
また、博物館のそばのとある通りは、ずらりと鉱物・宝石専門店が並んでいました。
言うなれば、「鉱石通り」ってかんじでした~~@
この石のペンダントは、その中の1つで買いました。

20012_germany_gifts08

次は、夏の図柄です。
ヒマワリと太陽が目立ちます。

一緒に写したアクセサリーは、どれもイーダーオーバーシュタインで買ったものです。

内側の空洞に微少な水晶が張り付いているアゲートを輪切りにして、アクセサリーに仕立てたものです。
黒っぽい方のペンダントのその空洞には小さな水晶の柱が、白っぽい方のペンダントのその空洞には黒いトルマリンの結晶の柱が接着されています。人工的にね。

こういうアクセサリー、ドイツで、あるいはイーダーオーバーシュタインではよくあるみたいです。
というのも、その後、東京池袋で開催された東京ミネラルフェアの会場で、ドイツからやってきた業者がほぼ毎年、この手のアクセサリーを売っていましたから。

お値段は、どちらも8ユーロ。
当時のレート(1Euro=約120円)で円換算すると、約960円です。

20012_germany_gifts09

次は、秋の図柄です。
リンゴとブドウ。
ひょろ長い黄色い果物は、ナシかな。

一緒に写したのは、アクセサリーが3つと、コイン。

下から、ラピスラズリのペンダントトップ。
フランクフルトののみの市っぽいところで買いました。

ラピスラズリの深い青色は大好きです。
ラピスラズリの中でも、金粉のように見える黄鉄鉱がちりばめられているものの方が人気があり、高価です。

その基準からすると、これはほぼ青一色、しかも、のみの市のようなところだったのでそんなに高くありません。
12ユーロ(当時のレートで1Euro=約120円とすると、約1,440円)だったのを、2つ買ったので1個9ユーロ(約1,080円)に負けてもらいました。
でも、最近、1つ、なくしてしまいました~。シクシク。

その上は、シルバーリングを2つ、重ねておきましたが、わからりづらくなってしまったので、また別の写真で改めて撮り直しました。

その上のコインは、イーダーオーバーシュタインの小物の石のアクセサリーをいくつかまとめて買ったお店で、おまけとしてもらったものです。
これもまた、別の写真で改めて紹介しましょう@

20012_germany_gifts10

最後に、冬の図柄です。
サンタさんとトナカイがいます。
と思ったのですが、よく見ると違いますね。
男の子は、サンタさんにしては、髭はないし、若すぎます。
なにより、青いマフラー、青い手袋、青いズボンが、サンタらしくないですよね。
でも、これらの青、なかなかのチャームポイント@
動物たちも、トナカイにしては……角がなかったですわ。

一緒に写したアクセサリーは、緑がマラカイト(クジャク石)のペンダントトップ。
イーダーオーバーシュタインで買いました。
16ユーロ(当時のレートで1Euro=約120円とすると、約1,920円)。

マラカイトは、結晶がブドウのように、あるいは腎臓のような形で成長する石です。
巨大な結晶もがとれます。
緑は鉱物の成分そのものからの色(自色)であり、粉にしても色が変わらないので、ラピスラズリ同様、顔料にも使われました。
マラカイトをふんだんに使った絵画だの建築物だの装飾を目にしたことがあります。建物や装飾では、この特徴的な縞々模様がよく活かされていました。

腎臓の形そのままのマラカイトを見たのは、イーダーオーバーシュタインの宝石博物館が初めてでした。
本当に、巨大な腎臓みたいなんです。
あるいは、火山のマグマの水泡が水面にぼこほごと浮かんでいるところを思い浮かべてください。
マラカイトの結晶は、あれを緑にして、瞬間的に固めたようなものなのです。
初めて見たときは、気持ち悪くて、衝撃的でした~@
あのぼこぼこの断面が、黒と緑のきれいな縞模様を作るのですけどね。

シルバーのペンダントトップと指輪は、おそろいです。
これはドレスデンのシルバージュエリーショップで買いました。
クリスタルガラス付です。
なんだかとてもドイツらしいデザインに思えて、気に入りました。

指輪は110ドイツ・マルク。
当時のレート(1DM=約55円)で円換算すると、約6,050円。
ペンダントトップは145ドイツ・マルク。
約7,975円です。

ペンダントは、シルバーのチョーカーもついていた分、少し高めです。
ただし、そのチョーカー、全くコーティングがされていないのです。
なのですぐに酸化して真っ黒になってしまいます。
つける前には毎度、シルバー磨きのくっさ~い液体に浸して洗わなくてはならならず、面倒くさいです。
指輪やペンダントトップ部分は、デザインの必要性からコーティングされているらしく、問題ないんですけどね。

次の写真では、アクセサリーをずらっと並べてみました@

20012_germany_gifts11

ビーズのネックレスは、一応、限定品だと思います。
フュッセンのノイシュバンシュタイン・ミュージカル・シアターのギフトショップで買いました。
2001年のドイツ旅行のハイライトの1つ、ミュージカル「ルードヴィッヒ2世」を鑑賞しに行ったときのものです。
金の部分は、向き合う二羽の白鳥をあしらったものです。
このデザインが、ミュージカル「ルードヴィッヒ2世」のシンボルでもありました。

このネックレス、ショーケース越しで、とてもきらきらして見えました。
値段は57ドイツ・マルク。当時のレート(1DM=約55円)で円換算しても、約3,150円。
アクセサリーとしては安い部類に入ります。
このときの私には、ずっと見たいと思っていたミュージカル劇場にいる、という高揚感もありました。
しかも、実は風邪をひいてしまって、微熱がありました。
そんな熱に浮かされているうちは良かったのですが……よく見たら、やっぱり安物ってかんじでした。
というか、お値段どおりってところですね。このミュージカルのためのものということで、著作権料のようなものが加算されているかもしれませんけれど。
でも、まあ、遠目には、そんな安物に見えないから、OKね~っ。

次に目立つ赤っぽいペンダントトップと指輪は、実はドイツ土産ではなく、日本で開催された東京ミネラルフェアの会場で買ったものです。
ただし、制作者はドイツ人なので、入れてみました@
タヒチで活躍している人らしく、ドイツ人の実直性に、タヒチの開放感が加わり、豊富なジュエリー素材を使った、独特なジュエリーになっているのではないかと思います@
繊細とは言うには厳しい大ぶりなデザインだけれど、どこか面白いの@
ちなみに、赤い部分は、コーラル(珊瑚)です。
コーティングされているから、アクセサリーとしても扱いやすいです。

他は、ドイツで買ったシルバーリングが3つと、イーダーオーバーシュタインのコインです。
シルバーリング、これでも見づらいですが、とりあえず説明を。

一番手前が、ドレスデンで買ったクリスタルガラス付のやつ。
二番目が、フュッセンのシルバージュエリーショップで買ったものです。絵文字チックな模様が刻まれています。
45ドイツ・マルク。当時のレート(1DM=約55円)で円換算すると、約2,475円です。

赤いコーラル・リングの台になっているリングは、実はこれ、ムードリングというやつです。
イーダーオーバーシュタインで買いました。
指にはめると、体温で色が青から緑に変わる、不思議なリングです。
でも、カラーチェンジって、あんまりうまく写真に収めることができないので、こんな風に、コーラル・リングを引き立たせるための台にしてしまいました@
お値段は、4ユーロ。当時のレート(1Euro=約120円)で円換算すると、約480円です。

次の写真は、主役がなんだか、絵本の方になってしまいました@

20012_germany_gifts12

もともと、くるみわり人形と、黒と白の輪っかのペンダントを撮ろうと思ったのですが、背景に、一番最近買った絵本を使ってみたくなったのです。
だって、ぴよちゃん、可愛いんだもんっ!

絵本の上に乗せた輪っかのペンダントは、たしかベルリンのポツダム広場のアルカーデンというショッピングモールで買った気が……うーん、違ったかな。
ティーンエージャーが入りそうなおしゃれショップで買ったことは覚えています。
値段は7.95ユーロ。当時のレート(1Euro=約120円)で円換算すると、約954円です。
この安さとシンプルさが気に入っています@

Sikuシリーズのパトカーは、前にも書いたとおり、一応、ドイツで買ったものです。
その向こうのワンちゃんは日本の100円ショップで買ったストラップですけどね。

ちなみに絵本は、「ぴよちゃんとひまわり」いりやまさとし作・絵
です。

次は、イーダーオーバーシュタインでもらったコインに焦点を当ててみました。

20012_germany_gifts13

市の紋章と思われるデザインの周りには、
Idar-Obersteiner Chip
Parken und mehr
と書かれてあります。

ん?
Parkenって、駐車するって意味では……!?

一緒に写っているのは、スノーフレーク・オブシディアンのペンダントトップです。

イーダーオーバーシュタインのコインを裏返すと、こうなります。

20012_germany_gifts14

水車小屋みたいなのがわかりますかしら。

イーダーオーバーシュタインはアゲート(メノウ)の研磨で発展した町ですが、その当時の研磨の動力源は、水だったのです。
このように水車のある小屋の中で、水力で動く研磨機で研磨していました。
いまはほとんど使われていません。
でも、その様子を再現させた、ちょっとした明治村みたいなところに行って、見学してきました。

一緒に撮ったシルバーリングは、フュッセンで買ったものです。
絵文字っぽい模様が、少しはわかりますかしら。

次は、クリスマスの木の飾り、再び登場です~!
それからSikuのパトカーも。

20012_germany_gifts15

これを撮りたかった一番の理由は、背景に、このドイツで撮った写真を使いたかったからですねぇ。
ベルリンの、コーミッシュ・オーパー(喜劇オペラ座)の隣の、アート系の家具やグッズが売られているショーウィンドウです。
このブログのショーウィンドウ特集で、前に一度紹介しましたけどね@
こうやって、写真の写真を撮るのも、なかなか楽しいものです。

次の写真も、アクセサリーです。
まだ写しそびれたアクセサリーがありました。

20012_germany_gifts16

でも、この中で一番目立つシルバーチョーカーは、日本で買ったものです。
JR池袋駅構内でドイツフェアをやっていたときに、ドイツ旅行から帰ってきたばかりの私はふらふらと引き寄せられてしまいました~@

鳩時計ペンダントは、ローテンブルクで買いました。
どこか、ローテンブルクらしいところがあるでしょうか?
いや、私にも見あたりません(笑)。
でも、なんか妙に気に入ったので買ったのです。
こんな風にこまこまと、ついつい無駄遣いをしてしまう私。
って言っても、気に入ったんだからいいじゃん~~!
旅先は財布の紐が緩みます。

ただ、この時計(ちゃんと動きますよ@)、時計盤が上下逆なのです。
おそらく、ペンダントをした状態で持ち上げて見やすいように、わざと逆にしたのではないかと思います。失敗作ではなくってねっ!

お値段は29.50ユーロ。当時のレート(1Euro=約120円)で円換算すると、約3,540円です。

左手前の白い布コースターの上にあるのは、エジプトの「オシリスの目」といわれるデザインのペンダント・トップです。
ベルリンのペルガモン博物館のギフトショップで買いました。
お値段は、33ユーロ。約3,960円です。この値段なので、金メッキでしょう。
でもポイントはやっぱり、このエジプチアンなデザインですよっ!

それから、時計の奥の青いケースの上にあるのは、ブドウのデザインのシルバー・ペンダント。これは特に気に入っている1つです。
ヒルデスハイムで買いました。世界遺産の大聖堂とミヒャエル教会がある町です。
といっても、町とアクセサリーはあんまり関係ないですね。

ただし、買ったときのエピソードはまだよく覚えています。
その日は、ハノーバーからブラウエンシュヴァイクとヒルデスハイム、1日で両方行こうとしたのですが、失敗したのは、日曜日に出かけたことです。
ハノーバーとブラウエンシュヴァイク、あるいはハノーバーとヒルデスハイムをつなぐ交通は頻繁にありました。日曜日でも、まあ本数があったと思います。
でも、ブラウエンシュヴァイクとヒルデスハイムをつなぐ交通は、もともと本数が少なかった上に、日曜日でしょう。

2002年の当時はまだ、行く前にインターネットで細かく時刻表を調べて行きませんでした……。せいぜい長距離路線だけ……。

おかげで、ブラウンエンシュヴァイク見学をすませた後、駅前でかなり時間をつぶすハメになりました。
そして、ヒルデスハイム行きは、遠回りするバスしかありませんでした。
ドイツの田舎町をゆっくり回れた、という点は良かったのですが……。

でもそのため、ヒルデスハイムに着いたときは、目当ての大聖堂もミヒャエル教会も閉まっていました。
傷心の私の目にとまったのが、旧市街にあったジュエリーショップのショーウィンドウの、このブドウです。

ちなみに、ヒルデスハイムの世界遺産の大聖堂とミヒャエル教会はあきらめたか、ですか?
幸い、まだあと1日、ハノーバーから日帰り旅行をしようと日程をあけていました。
ブレーメンあたりを予定していたのですが……ヒルデスハイムまでいったん足を延ばしておきながら、このハイライトの大聖堂とミヒャエル教会を見学しないなんてやはりバカらしいので、ブレーメンの方をやめて、ヒルデスハイムを再訪しました。
それにヒルデスハイムの旧市街の街並みは思ったより素敵だったので、旧市街をもう一度ゆっくり散策するのもいいなぁと思ったせいもあります。

写真は次で最後です。やっとです。いやぁ、長かったぁ@
さきほどのアクセサリーのうち、特にお気に入りを集めてもう一枚撮りました。

20012_germany_gifts17

まずは、ブドウのデザインのシルバー・ペンダント。
お値段は、50ユーロ。当時のレート(1Euro=約120円)で円換算すると、約6,000円です。

黒いケースに入ったリングは、実はドイツのものではないのです。本社がオーストリアにあるM.Frayというエナメル・デザイン・メーカーのものなのです。
初めて目にしたのは通販のカタログでした。日本で、です。
すっかり気に入っていたので通販で2つも買っています。
写真に写っているのは、もちろん、ドイツで買ったものです。
実はM.Frayのリングは、2003年のオーストリア旅行のとき、2004年の中欧旅行でのウィーン、それから2005年のチェコ(正確にはプラハの空港で)でも買っていたりします。あはは。

左側は、ブルー・ロータス(蓮)というデザインの指輪です。
これは実は、帰りのヒースロー空港で買いました。ドイツに行くのに、どちらも英国航空を利用したためです。厳密に言うと、ドイツで買ったことにはなりませんねぇ。
確か、大英博物館のギフトショップの関連ショップだったと思います。そういう美術館グッズばかり売っていました。

お値段は97.87ポンド。当時の換算レートは1ポンド=約196円でしたので、端数は切り上げて約19,182円です。
ええい、要するに約2万円です。

右側もロータス(蓮)のデザインの指輪です。
これは、ベルリンのエジプト博物館のギフトショップで買いました。
エジプチアンなデザインだからって、オーストリアのジュエリー・メーカーの物を置くなんてねっ!
おかげで私のような人が買ってしまうのです@

お値段は、120ユーロ。当時のレート(1Euro=約120円)で円換算すると、約14,400円です。

いやぁ、実はこの記事「ドイツで買ったもの」は、何日にも分けて書きました。
それくらいなら小分けに載せろ、って思わなくもなかったのですが、まだあと、オーストリアで買ったもの、ハンガリーで買ったもの、チェコで買ったもの、ポーランドで買ったものが残っています。
今年の秋の旅行に出発するまで、ぜひそこまでたどり着きたいと思ったもので、いっぺんに載せてしまいました@@
しかし、この調子で、はたして間に合うかなぁ。

旅先でお邪魔した店内シリーズ(7)――ハノーヴァーのデパ地下

ドイツの都市ハノーヴァー。「ハノーヴァー」という言葉を初めて耳にしたのは、高校生のときに初めて加わった世界史の授業のときで、イギリスの王朝名としてだった気がします。おお、なつかしい。

適切な王位継承者がいなくなって困ったイギリスが、血縁のドイツ貴族(ハノーヴァー選帝侯)を王様に迎えたため、その実家の名前が王朝名になったんですよね。それがジョージ1世。

現在のウィンザー朝は第一次世界大戦のときにドイツがイギリスの敵国だったために改名されました。血縁関係的にはハノーヴァー王朝から連綿とつながっているということになるのかしら。
(というか、ヨーロッパの王侯貴族は血縁でつながった狭~い世界ですけどね。)

実際にハノーヴァーを観光していたときは、こういうことを思い出しても、「だから、何?」ですんでしまったんですけれどね。

2002年度のドイツ旅行では、ベルリンINフランクフルトOUTというオープンジョー(※)で航空券をとりましたが、ベルリンの次に滞在した町が、ハノーヴァーです。

※オープンジョー
 アゴが開いている状態のこと。
(いや、本当は旅行用語です@ 知らなくても、まあ、簡単に調べられますヨ。)

ところでドイツは、日本人ビジネスマンの出張・赴任の多いことの最たる国の一つだと思いますが、そういう情報をあんまりよく知らず、ただひたすら観光だけを楽しみたいと思って訪れる私のような観光客でも、「この町は、もしかしたら日本人がたくさん住んでいる?」と気付くのは、やはり!―――「食」からですねっ!

というわけで、旅先でお邪魔した店内シリーズ、今回はハノーヴァーの中央駅前にあったKaufhof(ドイツ国内の大型チェーン・デパートですね)の食料品売り場で撮った写真は、ズバリ、これがドイツ?っていうのになってしまいました。

でも面白いから撮ったのでシリーズに入れました。

デパ地下の寿司屋。

2002-Hannover_Kaufhof1

2002-Hannover_Kaufhof1zoom1

ちょっとピンボケで恐縮です。招き猫の顔がよく見えない……。

それから、ここには写っていませんが、いかにも寿司職人というかんじの兄ちゃんが、ヒマそ~に新聞を読んでいました。
ヒマそうだったのは、食事の時間帯ではなかったからだと思いますけど@

日本食コーナーがありました。Internationale Spezialitaten、すなわち国際特産品のコーナー。

2002-Hannover_Kaufhof2

2002-Hannover_Kaufhof2zoom1

2枚目の写真の上に「JAPAN」とあるのが見えますかしら。

この写真で今回の記事を終わらせるのはなんともいえないので、Luise Galerieというショッピング・アーケードで、面白いと思って目に付けた彫刻の写真を、最後におまけ。

2002-Hannover_LuiseGalerie

このLuise Galerieは高級ブティックが多く並ぶショッピング・アーケードだったので、本来ならわざわざ行かなかったですね~。高級ブティックにはほとんど入らないので。

なぜここに行ったかというと、観光案内所が推薦するハノーヴァー市内観光コース「赤い糸」ルートにあったからです@

それは何かといいますと、観光客は、観光案内所で「赤い糸」ルートの案内冊子を買います。日本語版もあります。
そして、道路に書かれた赤いラインをたどって歩き、ポイントポイントでその冊子を読めば、ガイド付ツアーが催行されていなくても、てっとり早く市内観光ができるという、実に合理的なシステムなんですねぇ。

料金はその冊子代だけでずっと安上がりだし、赤いラインのおかげで、初めての町でもいろんな見どころを歩いて行くやすかったですし、一人で歩いているだけでは、「おっ!」と注目はしても、それだけで終わりにしてしまうしかないような建物などを注目できて、よかったです。

惜しむらくは、その赤いラインが、ときどき薄くて見づらくて、見失いそうになることでした@

同じような発想の観光案内は、このハノーヴァーから日帰りで行ったヒルデスハイムにもありました。
あちらは「白バラ」のルート。

実は以前にも、「ショーウィンドウ特集その8――ヒルデスハイムでの失敗談。でも結果オーライ」で紹介しています。

ショーウィンドウ特集その8――ヒルデスハイムでの失敗談。でも結果オーライ

「旅先のショーウィンドウ特集」のトップページに飛ぶだけですので、下までスクロールしてくださいませ。
大聖堂の樹齢1000年の白バラの木にちなんだ、ヒルデスハイムお薦めの観光コースRosenroute(バラのルート)の道しるべの写真を、おまけで載せました。

これです。

2002_Hildesheim_road.JPG

ハノーヴァーの、赤いラインが歩道の真ん中に延々と書かれてあるよりは、ぐっとお洒落です。
いかにも、手ずからラインを引きました、というかんじで、結構、曲がっていましたしね@

旅先でお邪魔した店内シリーズ(6)――ベルリンの手作りおもちゃの店

今年、2005年は「日本におけるドイツ年」で、ドイツ観光局では、「ドイツ大好き・フォトコンテスト」を実施するそうなのですね。

この情報は、旅行関係のメルマガから仕入れました。今年の4月1日から来年の1月31日までにアマチュアの人がドイツで撮影した写真が対象で、テーマは自由だそうです。

詳しくはこちらをどうぞ。

ドイツ観光局フォトコンテスト

このことを知って、おお、残念!って思いました。

というのも、2002年と2001年の秋にそれぞれ三週間ずつドイツをゆっくり回った私は、それですべて回り終わって満足しきったとは言いませんが、とりあえずドイツはしばらくいいや、って気分なのです。

今や、旅行ターゲットは、もっと東に寄ってしまいました。
今年もやっぱり中欧に行くでしょう。

だから、このニュースを知って、旅先での写真撮影を楽しみにしている1人のアマチュア・カメラマン(ただし旅先限定の不定期カメラマン)として、ぜひこういうコンテストで写真を出してみたいなぁ……とチラリと考えましたが、これだけで旅行ターゲットをドイツに戻す気にはなれませんでした。

でも、今年はどこ行こうかなぁ、というのは、なかなか決まりませんでした。

去年2004年に、はじめてチェコとハンガリーに足を踏み入れたこともあり、またこのあたりを訪れてるのもいいかなぁ、とぼんやり考えていました。
去年は行きそびれて残念だったところを今年こそチャレンジしたり、あるいは去年行ってみてよかったところをまた行ってみたり。

それが、ここ二、三日でターゲットが決まりました@

プラハを再訪したあと、ポーランドに入ろうかなぁって。
あるいは地理的な近さから、ハンガリーとルーマニアのペアもいいかなぁ。

実は、今まだ、去年の中欧旅行記で、プラハ編を下書きしている途中なんですよ。

いっくら現地で書いた詳細な日記があるとはいっても、もう8ヶ月以上前のことですからね。
あのとき舐め回すようにガイドブックを眺めて、ほとんど暗記していたはずの情報、だいぶうろ覚えになっているせいで、ところどころ、もう一度、読んだ本やメモをひっくり返す必要があるんです。

私の今の下書きのペースでは、今年の旅行に出発する前に――仕事の関係で、7月を予定していますが――書き終えるかどうか、ぎりぎりでしょう。終わらないかもしれません。

そこへもって、今年の旅行先のターゲットに全く新しい国を選ぶなると、個人旅行で下調べから旅行が始まっていると豪語(?)とする私、旅行の下調べと旅行記と、それからこのブログと……することがたくさんあって、きっと難しいと思うんですよね。
特に、旅行記やブログへの時間配分が減ってしまいそう。

それに、趣味は実は旅行だけじゃないんだもーん。

今、2番目に夢中になっているものが舞台鑑賞です。
特にバレエを見るのが好きで、月平均だいたい2回、でも今年は3月までですでに12回も通ってしまいました。
行くとなると下調べやその手の本を読みあさりたくなる私。

それに、旅行や趣味で頭いっぱいになると頭の中に花畑が広がっているような脳天気なこの私でも、日常生活はちゃんと送らねばなりません。
仕事もあります。仕事上の悩みもあります。
(悩むときは、つい好きなことに現実逃避しちゃうけど。相手があることなので、一人で悩んで無駄なときは特に。)

だけど、もし、旅行記で書いているところを、再び今年の旅行先のターゲットにするとしたら!

旅行記のためにもう一度調べることが旅行の下調べにもなり、しかも、日記を読みかえすことで、去年、行きそびれて残念だったところがどこだったかもう一度、鮮明に思い出せます。
これって、一石二鳥じゃん!

。。。っていうか、こういう動機でターゲットを決める私って……。

ああ、でもね、東欧に関心があるからには、ポーランドはやっぱ行かなくちゃね、ってずっと思ってはいたんですよ!(あせっ、あせっ)

というわけで、要するに、ドイツ観光局主催のフォトコンテストがあるそうなんだけれど、残念、ドイツには今年は行かないんだよん、と言いたいだけでした。
なのに、なんでこんなに前置きが長いんでしょうね。

コンテストに入選するかはともかく、2度のドイツ旅行で自慢の写真は何枚もあるのになぁ……と思いながら2002年度と2001年度の写真をひっくり返してみたら、店内シリーズになる写真があったことを思い出しました。

というわけで、旅先でお邪魔して撮った店内シリーズ再開です。今回は2002年度のドイツ旅行から。

写真による中欧旅行シリーズの方は、旅程順でいくと次回はチェスケ・ブデヨヴッツェとフルボカー城なのですが、2回ほど中休みします。

やっと本題です。ははは。

今回は、2002年度、ドイツじっくり3週間の旅の2回目のうち、ベルリンを再訪したときに撮った写真です。

きっと今でもどんどん変わりつつあると思われるベルリン。その最たる地区であるポツダム広場でしょうね。

ポツダム広場には、これからご紹介する写真を撮った前日にも行ったのですが、このとき、IMAXシアターの巨大3Dフィルムのことを知って、ぜひ見に行たくなってしまったんです。

その日はもう時間が遅くて、最終上演に間に合わなかったので、翌日行きなおしました。

またもや話が少し脱線しそうな予感がしますが(というか、すでに脱線していますが)、IMAXをネットで検索したらサイトがありましたので、せっかくなのでリンクをつけておきます。

IMAXシアターのトップページ(IMAX The Ultimate Movie Experience)

ここの上の方にあるリンクボタンの中で「FILM」を選択あれ。

ベルリン・ポツダム広場のIMAXでは、どの上演回もだいたい2本立てで、私が見たのは「Into the Deep」と「Ferne Paradise」でした。

前者は深海の生物の生息が覗ける3Dフィルム。サイトにまだプログラムとして挙がっていますね。
後者は特に3Dではなかったのですが、世界各国の美しい自然と大地の姿のフィルムでした。タイトルはドイツ語です。「遠くの天国」くらいの意味でしょうか。

3Dフィルムは、専用メガネをつけて見るようになっていました。
レンズの代わりに、右と左、どっちがどっちかわすれましたが、赤と青のセロファンがついた簡単なメガネ。
メガネを外して映像画面をチラッと見てみたら、赤っぽい部分と青っぽい部分がブレていて、専用メガネをかけて見ると立体的に見えるという仕掛け。

まさに、私が小学生くらいに愛読した「学研」の付録のお遊びみたい@

単純な仕組みに「なぁんだ」と思ってしまいましたが、でも、魚たちが本当に自分の目の前に飛び込んでくるような錯覚もする、とても迫力のある画面でした。
座席からもびっくりして「ヒッ!」という声がときどき上がっていましたよ。
(私も上げた一人。。。)

このフィルムを朝一番、10時から11時15分までのプログラムで見たあと、すぐ近くにある大ショッピングモール「アルカーデン (Arkaden)」に行きました。
軽く腹ごしらえをするためと、ウィンドウショッピングもしようと思って。

ちなみに、このときのドイツ旅行では、ガイドブックとして「地球の歩き方」のほかに「るるぶドイツ」(共に2001年度からの使いまわしなので2001年~2002年度版)を持参していました。

「るるぶドイツ」の中に、アルカーデンの中のハイマートシュトゥーベ (Heimatstube) というお店の紹介があったんです。

人形作りで有名なザクセン州ザイフェンの町の工房で手作りされている木製の伝統的なおもちゃを扱っているというお店だそうで、ぜひ見に行こうと思っていました。

なにしろ、ドイツといえば、私の中では「手作りおもちゃの国」。

東京書籍のイラスト入りの本「ドイツおもちゃの国の物語」(川西芙沙・文/一志敦子・絵)を読んだ影響もありますが、ザイフェンには、おもちゃ工房や博物館を見に、あるいは特産の手作りおもちゃを見に行きたいなぁと思っていました。
結局、ザイフェン自体は、旅程に組み込むことはできなかったのですけれど。

だからハイマートシュトゥーベには目をつけていましたし、値段も大きさも重さも手ごろなおもちゃがあったら買おうと思っていました。

あいにく、お店は思ったより小さく、店舗にあったのはクリスマス・グッズばかりでした(ちなみに旅行したのは9月です)。
どれも可愛かったのですが、どれか一つというのは選びにくく、あるいは、小物というには、かさ張るおもちゃが多かったので、何も買いませんでした。

でも、店員さんに、店内の写真を撮りたい、とお願いしたら、快く撮らせてくれました。何も買わなくてもね。

時にはダメッ!と取り付く島なく断られることもあるので、快く「OK」と言ってもらえると、とても嬉しいものです@
それでよく覚えています。
ついでにいうと、取り付く島なく断られたお店も、よく覚えています(笑)

おもちゃのお店って―――まあ、おもちゃのお店に限らずですが、デイスプレイが楽しいですよね。

まずこちら。

2002-Berlin_Heimatstube1

くるみわり人形たちにズーム。

2002-Berlin_Heimatstube1zoom1

真ん中の下の方。木の細工品がいいなぁって思いました。
板を削ったときに木がしなるのを利用したようなかんじですけどね。技術がいるでしょう@

2002-Berlin_Heimatstube1zoom2

写真をよっく見たら、ここではなく別のところ、2001年度のドイツ旅行中にすでに買ったクリスマス聖歌隊の人形たちにそっくりなやつを見つけました!

2002-Berlin_Heimatstube1zoom3

私が買ったやつは、この後ろに教会もあるやつなんです。

またまたよく見ると、別にクリスマスには限らないようなおもちゃもありました。

2002-Berlin_Heimatstube1zoom4

下の段は、樅ノ木があったりして、クリスマス・ムードですが。

次のディスプレスも、クリスマス仕様ですね。風車付のキャンドル・スタンドみたいなものがたくさんありました。

2002-Berlin_Heimatstube2

2002-Berlin_Heimatstube2zoom1

2002-Berlin_Heimatstube2zoom2

次は、おもちゃが納められたガラスケース。
売り物というより、まるでコレクションのようです。見ているだけで、ちょっとワクワクしてしまいました。

2002-Berlin_Heimatstube3

最後にこの店構えを外から撮った写真です。

店構えといっても、ショッピングモールの中にあるので、そう独特なものではありませんけれど。
ショッピングモールは真ん中に吹き抜けがあって、この店は2階にありました。

2002-Berlin_Heimatstube4

お店の真ん中あたりに写っているのは、巨大なぬいぐるみだったんですけれど、あいにくピンボケで、ズーム写真でもはっきりしませんでした。

たぶんクマだったと思うんですけど……ベルリンというと、クマが縁がありますでしょ?
でもなんだか、サルに見えますねぇ。

ショーウィンドウ特集その11──ローテンブルクのシュネーバル&フランクフルトから日帰りした町紹介

2002年ドイツ旅行の最後の滞在地フランクフルトでは、6泊6日過ごしました。

(昨日の記事には謝って7泊と書いたので訂正しました。)

6泊なら、ふつう6泊7日って言わないか、って?

フランクフルト入りした1日目は、カッセルからドイツ鉄道で約1時間半でしたが、チェックインして観光にくり出せたのがお昼。

そして6泊目の翌日は出国の日で早朝から空港へ。

だから6泊6日。というか、正確には6泊5日半、ということになるのかしら。

でもフランクフルトは日帰り旅行の拠点としても使えて、魅力たっぷり。
これだけ日にちを過ごしても、足りませんでした。

フランクフルトにはミュージーアムがたくさんあって、2日半はミュージーアムめぐりに費やしたんですけど、それでもゲーテ博物館には行きそびれた〜。

まあ、それを最優先しなかったからいけないんですけどね。
だけど、閉館がどこも5時っつーのも早すぎだよ、フランクフルト!

というか、カッセルも5時閉館ばっかーっ、でした。

フランクフルトからの日帰り旅行では、まずは月曜日にローテンブルグ観光の現地ツアーに参加しました。

自力で行かなかったわけは、ローテンブルクに鉄道で行くには、ローカル線を使わなくてはならないためです。

ローカル線に乗り換え、と知って、ああ、そりゃ不便だ、と即断してしまい、本当にアクセスが悪いかどうはか突っ込んで調べなかったんですけどね。

でもそうすると、泊まりでもしない限り、ろくに観光ができないかもしれないと危惧し、それなら足の便を心配せず、かつ観光ガイド付でてっとり早く街を案内してくれるツアーを利用しよう、と思ったのです。

まあ、今回はローテンブルクに行くことはめっちゃ執着していたわけでなく、ロマンチック街道の街といわれて大人気のこの街を、ちょっと覗いてみたかっただけなので。

なので、ミュージーアムが閉館でもいいやーっ、っていう月曜日(ドイツは月曜日がミュージーアム閉館のことが多いです)を選びました。

結果として、ミュージーアムには入れたんですけどね。
なんかね、年中無休だったんですよ。おっ、珍しい。さすがドイツの中でも観光地の観光地!

おかげで自由時間の大半はミュージーアムで過ごしました。
人形とおもちゃ博物館と、中世犯罪博物館。

ドイツのおもちゃ博物館の魅力にハマったのは前年度のドイツ旅行時ですが、それで中世犯罪博物館を余った時間で覗こうと思ったら、とんでもない。

中世犯罪博物館はもっともっとすばらしくて、さすがローテンブルク名物(?)というか、必須の見どころの一つ!って思いましたよ。

全然時間が足りませんでしたね。

さて、今回のショーウィンドウ特集の写真は、ローテンブルクのもう一つの名物からです。

ローテンブルクのお菓子、雪のボールという意味のシュネーバル (Schneeball)。

2002-RothenburgSW.JPG

実はこれ、「地球の歩き方」にも紹介されていて、写真も載っていたんですけど……いいんです。
私のこの写真の方が迫力があるって自分で思ってます。
なによりも自分の写真として撮りたかったからいいんです。

握りこぶしよりも大きかったです。
「地球の歩き方」には、「けっこう大きいので半分くらいで飽きてしまうかも」とありました。(当時の版)

だろうなぁ、って思いましたよ。
だから私も、ちょっと興味ひかれたんですけど、買って食べることはしませんでした。

昼食込みのツアーだったのでツアーのみんなでお昼を食べたばかり(ちなみに全員で8人の少人数ツアーでした)なのでお腹はすいてませんでしたし、持ち歩いても持て余しそうだし、粉砂糖が解けちゃったら、ちょっと悲惨かなぁと思ったもので。

でも、実はこのシュネーバル、思いがけないところで口にする機会がありました。

翌年の2003年のオーストリア旅行のときです。
グラーツの街角のパン屋で、見つけたんです、これ。

ローテンブルク名物のシュネーバルと、もしかしたら味が違うのかもしれませんが、グラーツで食べたシュネーバルは、さくさくっとして軽くて、ドーナツっぽい質感はなく、見た目の大きさのわりには、軽く食べられました。

さて、今回、紹介できる写真はローテンブルクのシュネーバル一枚っきりなので、おまけの写真も載せたいと思います。
ショーウィンドウにもローテンブルクにも関係ないけど。

フランクフルトからの日帰り旅行は他に、イダー・オーバーシュタインとマインツに行きました。

マインツはフランクフルトから近郊列車 (S-Bahn) で35分くらいで行けてしまうので、とても気軽に行ける日帰り旅行先だと思います。

名物の大聖堂とグーテンベルク博物館には行きましたよ〜。

あとマインツのキルシュガルテン地区の木組みの家は、第二次大戦の戦火を免れたものなのです。

2002_Mainz-1a.jpg

美しや〜美しや〜。

結構、新しく見えたけれど、中には15世紀頃からの古いものもあったようです。
あんまりきれいっぽかったので、中世の町並みに迷こんだような錯覚というのはしませんでしたけど。

マインツは町の半分以上が第二次大戦で破壊されたので、町並みは現代的だったのですが、あちこちに面白い現代彫刻がありました。

中でも気に入ったのでわざわざ写真に撮ったのはこれです。

2002_Mainz-2a.jpg

たぶんこれは、たしか聖マリウスが、寒さに震えている人のために自分の袖を切って渡した、というエピソードを題材にしたものだと思うのですが、なにぶん、キリスト教聖人エピソード満載の本を読んだのはかなり昔のことなので、ちょっとうろ覚えです。

(ネットでさっと調べようと思ったのですが、聖マリウスのキーワードではそれらしきものが出てきませんでした。うーむ。)

ところでフランクフルトから行った日帰り旅行先で、今回、すんごい楽しみにしていたのマインツでもなければローテンブルクでもありませんでした。

イダー・オーバーシュタインです。

何そこ?、って、これより1年以上前の私だったらそう思ったはずです。

ドイツ関係の本ではなく、宝石関係の本で見つけました。
そうしたら「地球の歩き方」にもちゃんと載っていました。

そう、イダー・オーバーシュタインは宝石研磨で有名で、世界中の宝石バイヤーが集まる「ダイヤモンド宝石取引所」があって、宝石業界にとっては重要な町なのです。

もともとメノウの産地でしたが、採掘が停止されたあとは、もっぱら研磨技術と、「ダイヤモンド宝石取引所」と、装飾デザインや研磨技術の屈指の養成学校を誇る町となりました。

いやぁ、私は宝石好きではありますが、宝石業界とは一切関係ないド素人なので、これだけだったら行かなかったです。

私が惹かれてやまなかったのは、宝石博物館!

しかも、この町はもともとイダーとオーバーシュタインという二つが合併してできたところで、行ってみたらイダーとオーバーシュタインそれぞれに宝石博物館があったんです!

他に見どころとしては旧宝石鉱山や、旧式の研磨技術を見せてくれる研磨村みたいなところ (Histrische Weiherschleife) があったのですが、後者はなんとか自力で現地の市内バスを使って行けましたが、鉱山は遠すぎて行けませんでした。
1日で回るには、自分の車がないとちょっとつらいかなぁ。

ああ、でも宝石博物館は二つともアクセスがよいところにありましたし、目ぬき通りには原石やルース(裸石)を売る店がずらりと並び、鉱物ファンにはたまらないところだと思います。

そうそう、これを忘れてはなりませんね。岩盤教会。

2002_IdaOberstein-1a.jpg

イダー・オーバーシュタインのシンボルだと思いますよ。
インパクトありますでしょ。

これも行けたら行きたかったんですけどね、山登りになりそうですし、なんとしても宝石博物館の見学を優先させたかったので、この教会は写真を撮るにとどめました。

というか、この教会は中よりも下からこうして見るほうが一番でしょう!

この教会から町を見下ろしても、うーん、たぶん、ああ、見晴しがいい、で終わったでしょうねぇ。

でも中を見てない私には何も言う資格はなかったんでした。

いやはや、宝石博物館だけでも、もう一度訪れたい町です。
もちろん、この2002年当時も、二つの宝石博物館にたっぷり時間を裂きました。

ショーウィンドウ特集その10──フランクフルトの街角で

今年は11月に入ってから仕事がめちゃくちゃ忙しくて、なかなか順当に記事をアップできませんでした。

深夜残業して午前様でほとんど毎日タクシー帰り。仕事の開始は午後へと否応もなくシフトしてしまい(これでも一応、9時5時勤務のOL)、午前2時に仕事が終わったときには、おお、今日は早く帰れるじゃん!と錯覚したり。
そのせいか、かろうじて休日出勤はしないですんでいるのですが、週末は疲弊しきって、疲れを癒すので終わりそうになります。

ストレスは体の疲れだけでなく、精神の方でも澱のように溜まっているのを自覚。

そんな私にとって、仕事でストレスが溜まっている真っ最中は、舞台、特にバレエの公演のチケットを予約して、楽しみにするってことで、だいぶ癒されることがあります。

ま、実際に公演を見に行けるのは、チケットが取れたときより2〜3ヶ月以上、先の話なのですけどね。

ただし、できるだけいい席を、と狙うので、それなりに高い買い物になります。
いわば、買い物して憂さ晴らし、の変形ではないかと思っています。

でも、その公演までに別のストレスが溜まっていたりして。
ありがち。
そうしたらまた別のチケットを予約する!? 
たぶんね。

といっても、私が日本で舞台を見に行くのに夢中になり出したのは、去年こと2003年の11月からですね。

それまでは、私にとって、劇場に足を運ぶのは、国内では年に2〜3回。
あとは海外旅行先のような、日常の時間と離れた、特別なときの特別なイベントのように考えていたところがありました。

(あ、でも今、手帳を調べてみたら、舞台狂いになる前兆か、2003年は年初めの1月から、月に一回は舞台に出かけてました。)

舞台はどちらかというと、難しいことを考えなくても、あるいは予備知識がなくても、とにかく見て楽しめるもの、ということで、バレエ鑑賞が中心になりました。

というか、昔から、バレエを見るのは好きだったのに、いつのまにか忘れていました。
といっても、昔はテレビでたまに放送されていたものを見ていたっきりです。

2000年のロシア旅行のとき、ロシアに行くからにはバレエ公演を見なくては、と劇場に足を運んで以来、少なくとも海外旅行先ではバレエ公演の機会があれば見ようと思うようになりました。

2002年のドイツ旅行では、ベルリンでバレエを2つ見ました。

ただ、ベルリンで見たバレエは前衛的なものばかりで、見ていてもなんだかよくわかりませんでした。
これもバレエ?と首を傾げたものです。

あるいは白いチュチュをなびかせたダンサーたちの夢のような群舞や、スパンコールがキラキラ光る、パステルカラーの衣装のダンサーを楽しみにしていたので、普通の現代人がそのへんで日常的に身にまとっているような衣装でダンサーが登場してきて、最初はちょっとがっかりしてしまいました。

2002年のドイツ旅行の最後の訪問都市はフランクフルトでした。

フランクフルトには6泊しました。

出国の前日を除くと、心置きなくナイトライフに費やせる夜が5日もあったのですが、フランクフルトではあいにく、私の趣味にも合致したよい舞台がありませんでした。

というか!

フランクフルトの街角で、できればいつか見たいと思っていた公演が、私が帰った後の2か月後に始まることを宣伝するポスターを見て、くやしーっ!って思いました。

そのときはほんとに、この舞台を見るためだけに、2ヶ月後にフランクフルトに来れないかしら、と本気で思ったくらい、残念でした。

ショーウィンドウではないのですが、ウィンドウのあるポスター塔ということで、今回の特集に無理矢理入れてしまうことにしました。

これです。

2002-FrankfurtSW-1.JPG

バレエファンの方、おわかりかしら?

あるいは、振付家のマッシュ・ボーン。
いやいや、この主役を演じたアダム・クーパーの名前なら、もっと多くの人がご存じでは?

最近、彼はバレエというより自らの演出によるミュージカルで活躍中で、今度、2005年の2月から3月に上演される「危険な情事」は、あまりテレビを見ない私でも何度もコマーシャルを見ました。

そう、これは去年こと2003年の冬に日本でも公演された、マッシュ・ボーンの「白鳥の湖」のポスターなんですよね。

海外旅行先でバレエを見るようになってから、初心者向けのバレエ鑑賞案内のような本を何冊か読みまくった私。

その中で、古典バレエを現代の振付家が独自に解釈しなおして、ほとんど新しい舞台として作り上げることがあるというくだりがありました。

古典の名作で、誰もが名前くらいなら知っている「白鳥の湖」。これにもいろんな現代アレンジ版があって、その中に、オデットも男、というか、白鳥が全員、男、という、変わったアレンジがあることだけは知っていました。

本を読んだときは、ふーん、で終わりました。

しかし、フランクフルトの街角でこのポスターを見た時、ああ、これのことか!と思い出したのです。

いやぁ、ポスターの出来の良さもあるんですけど、なんかかっこいいじゃないですか、男の白鳥たち。
すごく見たくて見たくて、なんで私がフランクフルトにいる間に上演してくれないんだ、ってすごく悔しくて。

それでせめてもの、ということでポスターを写真に収めました。

その約1年半後。

バレエ好きの友人から、たまたまこの男同士の「白鳥の湖」の話を聞いて、とびあがるほど驚きました。

なんと、日本でもやるのか!

2002年の12月にこのバレエを見るためだけにフランクフルトに再訪、ということはさすがにやりませんでしたが、あきらめていてそのときの悔しさを忘れかけていた矢先でした。

すんごくすんごく嬉しくて、予約をとるために電話する私の、受話器をとる手が震えていたと思いますよ。今、思い出しても。

さて、海外旅行先のショーウィンドウ特集ということで、フランクフルトで撮ったショーウィンドウの写真があるので、やはりこれは載せねばなりませんね。

フランクフルトの建物をかたどった粘土細工がずらっと並んでいました。

2002-FrankfurtSW-2.JPG

なかなか可愛らしいし、実物を見たあとでは、粘土細工ゆえのデフォルメも味があってステキに感じられ、旅先の思い出としてぜひ買って帰りたかったんですが……。

粘土細工は、重い。
良く出来ているものは、高い。
予算を下げると、妥協できる予算で帰るものは、ちゃちい。

(だってそういうのは、いくつもずらっと並んでいると壮観ですけど、一つだけ取り出すとすごく物足りなく見えますでしょ? 一つだけで見栄えがするのを求めるとなると、高いんです。)

ということで、例によって買えないものは、写真を撮るだけにとどめました。

ショーウィンドウ特集その9――カッセルのにぎやかなリンゴとナシ。見どころの写真付

「お城」という意味の名の都市カッセルでは、グリム兄弟とグリム童話の勉強ができます!

2002年度のドイツ旅行で、ハノーファーの次に拠点に選んだカッセル。

ここから日帰りで行きたいと思う町がハン・ミュンデンくらいしか見つからなかったので、3泊しかしませんでしたけど。

ここを次の拠点に選んだ一番の理由は、ハノーファーとフランクフルトの中間にあるってことですけど。この二都市を結ぶ鉄道、しかも幹線の真ん中にあって、どちらからも約1時間半ずつぐらいで移動できるのが、大きな魅力!

。。。などといったらカッセルに失礼ですけど。

でも、ハノーファーからフランクフルトに直行するとしたら、約3時間。あんまり移動範囲を広げず、ゆっくりじっくり旅をしたかった私にとって、移動に3時間というのは、まだ許容範囲でしたが、でもそれだったら、カッセルは、なかなかいいんじゃないか、と思ったのも確か。

まぁ、きっかけはなんであれ、それで下調べし始めてみたら、思ったよりずっと見どころがあって、期待が膨らみ。私の好きなミュージーアムが豊富な街だとわかり。

ただ一番、楽しみにしていたフリデリチアヌム美術館は、全館修復中で閉鎖でとてもがっかりしました。

でも、結果的には自分なりに充実した時間が過ごせて、今、私の中で楽しい思い出が、思い出そうと思うと次々に出てくるので、結果オーライといえましょう。

カッセルは広いんですよ。主要な見どころがちょっと離れているんですよね。

中央駅ではなく、インターシティや特急が止まるのは、新駅ヴィルヘルムスヘーエ駅だというし、インフメーションもこちらの駅内にありましたので、飛び入りで宿を取ることにしていた私は、新駅ヴィルヘルムスヘーエ駅のそばをホテル探しのターゲットとしました。

中央駅付近の方がミュージーアムがいっぱいあって便利だと思ったんですけどね。でもトラムやバスがいっぱいあるので、ヴィルヘルムスヘーエ駅からのアクセスに不自由はありませんでした。

このあたりでカッセルで撮ったショーウィンドウ写真をまず紹介します。なにしろいつも写真の紹介の前置きが長いですからね、私。たまには先に出しましょう。

この写真、なかなか自慢の一品であります。って、自慢すべきは、売ってるお店の人かな。

2002_Kassel_SW.JPG

可愛いでしょ。お菓子ですよ、これ。
ズームアップしてみます。

2002_kassel_swzoom.JPG

置かれ方の違いのせいか、それとも一つ一つが違うのか、それぞれちょっとずつ個性がある顔つきしてません?
ほんのちょっとね。

これは、カッセルのヴィルヘルムスヘーエ駅に隣接しているちょっとしたショッピングセンターの一つのショーウィンドウの写真です。

上の方にLustige Apfel und Birnen(にぎやかなリンゴと西洋なし)って書いてあります。

買って食べたか、って?

うーん、その気にはならなかったです。写真には撮りたいと思ったし、ウケ狙いで友人へのみやげにしたいとは思いましたが、自分が食べたいって気はあんまりしませんでした。

このときの旅行中は、ドイツのお菓子は、あんまり美味しいとは思わなかったんですよね。
ちょっとね、見た目に期待すれば期待するほど、味に違和感を感じるだろうなぁって思ったので。

カッセルの主要な見どころで、ヴィルヘルムスヘーエ駅に近いのといえば、ヴィルヘルムスヘーエ公園。ここの水の芸術……カスカーデン(人工の滑滝)と呼ばれる階段を流れ下りたあと、あちこちで噴水や小さな滝を見せるスペクタクルが、一応、カッセルの最大の見どころということのようです。

一応、というのは、どれを一番の見どころと思うかは、個人の趣味で左右されますからね。
現に私は、水の芸術もよかったけれど、珍しいミュージーアムが多いドイツらしい、珍しい壁紙博物館とか、グリム兄弟博物館の方が、もっとよかったなぁって思うからです。

あ、でもでもですよ、行くからには、水の芸術を見ようって思いました。

なにしろ5月下旬から10月3日までの日曜日と水曜日の14時半から15時半にしか水が流れない(注:あくまで2002年当時の情報です)、なんていわれれば、なかなか貴重な体験って気がするじゃないですか。

幸いその3泊に水曜日が含まれていたので。

含まれていなかったら、ヴィルヘルムスヘーエ公園で過ごす一日っていうのはカットしたかも。本当はこの公園もとっても広くて、城もあるしミュージーアムもあって、見どころたっぷりなんですけどね。
実際には過ごしたのは半日で、結果的には足りなかったんですけどね。

ヴィルヘルムスヘーエ駅から水の芸術が始まるカスカーデンの頂上へのアクセスは、トラムでは不便でした。

というのも、本数が少ないんですよ。なにしろ午前半日は中央駅エリアのミュージーアムをはしごしていましたので。

というわけで、カスカーデンの頂上へはヴィルヘルムスヘーエ駅からタクシーを使いました。水の芸術が始まる2時半までには到着してなければ、ハイライトは見逃してしまうとのことでしたので。

15時半まで水が流れているといっても、最後の方は水がちょろちょろなんですって。

カッセルのショーウィンドウ写真は1枚しかないので、せっかくなのでこの水の芸術の写真も紹介しようと思います。

ちょっと天気が曇りでしたが、まあ雰囲気は充分つかめると思います。

まずは水が流れる前のカスカーデンの頂上近くから、ヴィルヘルムスヘーエ駅方面を見下ろした写真です。

2002_Kassel_falls1.JPG

次は、水が流れ始めたところ。てっぺんのトンガリ頭を持つ要塞だか城のようなものが、カスカーデンです。

2002_Kassel_falls2.JPG

観光客が水を追っかけて脇の階段を下りてきています。私もその一人。
この水の流れを追っかける、というのが、一番面白いと思います。だから、2時半にはカスカーデンのてっぺんにいなくちゃなりません。

この階段は狭かったので、結構混雑しましたね。

あとついでに。

カッセルで次に楽しみにしていたフリデリチアヌム美術館が閉館と知って、ショック、ふてくされた後に、それならいっちょ、行ってみるか、と行ってみた、もう一つのカッセル市内の大きな公園、カールス公園で撮った写真です。

このカールス公園での写真撮影散策がなかったら、カッセルの思い出はガクリと落ち、結果オーライ、なんて言ってられなかったと思います。

この日は (この日も……)、一日、あまり冴えない天気でしたが、夕方になって、急に天気がよくなったのも幸いでした。

というか、なんだかこのときの秋のドイツ旅行では、日中が冴えない天気でも、夕方になれば日が射すことが多くて、日中はミュージーアムやお城で屋内にこもり、閉まった後に散策、という観光パターンにはちょうどよかったです。

2002_Kassel_park1.JPG

いかが?
水鏡の効果は、天気がよくないと見れませんものね。

次の写真も私のお気に入り。

2002_Kassel_park2.JPG

惜しむらくは、先ほどの写真と違って、ドイツで撮った、と言わない限り、日本で撮ったと思われても仕方がない、ってことですね。

いや、先ほどの写真も怪しいかな。西欧風の東屋なら、よくありそうですし。。。うむ。

ショーウィンドウ特集その8――ヒルデスハイムでの失敗談。でも結果オーライ

2002年秋のドイツ旅行では、ベルリン5泊から始まり、ハノーファー4泊、カッセル3泊、フランクフルト7泊と拠点都市を定め、それに日帰り旅行をちりばめることで訪問都市を増やしました。

これらの拠点都市の大移動(鉄道でせいぜい3~4時間だったので「大」は大げさかな?)には、鉄道の本数が減る土日は避ける工夫はしました。

ところが日帰り旅行ではそこまで気を使わず、ハノーファーからブラウンシュヴァイクとヒルデスハイムの日帰りではしごする日を日曜日にあててしまったのは、失敗でした。

どちらもハノーファーから鉄道で30分ほどです。だから油断してしまったのです。
そんなに近いのなら、日曜日でもアクセスは大丈夫だろう、と。

いや、ハノーファーからの往復なら、まだ、どちらも行きやすかったのかもしれません。

ところが私は、どちらも半日の観光で充分と考え、1日でこの2都市をはしごすることに決めました。
最初にブラウンシュヴァイク。それからヒルデスハイム。

そう、ブラウンシュヴァイクとヒルデスハイムの間の交通の便はどうだか、調べないで決めたんですね、この日程。

といっても、この2都市訪問は現地で決めたんですから、日本をたつ前にネットで調べるということはできず。
(というのも、候補としてハノーファーからブレーメンに日帰りすることも考えていたからです。)

ブラウンシュヴァイクは、城や大聖堂のある旧市街の広場までは、中央駅からトラムを使いました。
考えてみたら日曜日だから、この市内のトラムの本数も少なくなっていたんですよね。うんとではないですけど、結構、待ちましたもの。

ブラウンシュヴァイクでは、城と大聖堂と、町有数の美術館「アントン・ウルリヒ公博物館」の3つのハイライトを回って、中央駅に戻れたのは14時20分頃。

2都市を半日ずつ、というわりには、ちょっとゆっくりしてしまいました。

でも実は、ヒルデスハイムの方は、大聖堂と、それから世界遺産に登録されている聖ミヒャエル教会、その2つを回れればいいと思っていたので、ブラウンシュヴァイクほどに重点を置いていませんでした。

(当時の「地球の歩き方 ドイツ」にも特に世界遺産の教会以外は紹介されていなかったせいもあって。)

教会はどちらも17時までですが、ブラウンシュヴァイクとヒルデスハイムを結ぶ路線は、インターシティなら25分しかかかりません。まだ14時半前なので、余裕だね、と思いました。

ところがどっこい、ブラウンシュヴァイクの中央駅のインフォメーションで、次にヒルデスハイム行きの鉄道を調べてもらったら、16時4分のローカル線しかなくて、それも着くのは17時すぎるというのですよ!

がーん、がーん、がーん。

1時間半ここで足どめを食って――しかもブラウンシュヴァイクの中央駅付近は見どころはなんにもないんですよ――そしてヒルデスハイムでは着いた時にはもう、目当ての教会には閉まっているなんて!

ショックで固まった私に、係員はバスならある、と教えてくれました。

それでも15時39分発で、ヒルデスハイムに着くのは16時50分。
教会が閉まる10分前。目当ての教会は中央駅から歩いていける範囲ですが、17時前に着く可能性は低いです。

それでも、行かないよりはいいと妥協しました。
というか、頭が真っ白で、他に何も考えられなくなっていたせいもあります。

しかし、結果的には、このときの失敗もいい思い出になりました。
予定していたのとは全然違ってしまいましたが、収穫がなかったわけではないからです。

まず、ブラウンシュヴァイクからヒルデスハイムへの1時間12分のバスの旅は、そりゃあステキな田舎風景が拝めたんです。

アウトバーン(高速道路)など一切、通らないローカル路線でした。
空は高く広く、田園や村の風景は絵画のように美しく。

あいにく天気は、通り雨が降っては、晴れるというめまぐるしい一日だったのですが、代わりに空模様もドラマチックで。
たちこめる雲のあいまから地上に射し込む太陽光線。
それはもう、あそこから天使が降臨してきてもおかしくないと思わせる神々しい風景でした。

こんなすばにしい風景が見られたのだから、寄り道も悪くないと思いました。
これが鉄道で通り過ぎていたら、見られなかったろうと思います。

というわけで、ヒルデスハイムには、16時50分に着きました。
この時間では17時に閉まる大聖堂には間に合わないだろうと思ったのですが、行くだけ行ってみました。

このときの旅行では、Lonley Planet社の英文ガイド「Germany」を持参していました。
前述のとおり、私の2002年版の「地球の歩き方」にはヒルデスハイムの歩き方の紹介はなかったのですが、Lonley Planetには旧市街へ向かう道路名が書かれてあったので、なんとか迷わずにいけました。

なにしろ日曜日なので、駅前のインフォメーションも閉まっていたんですもの。

大聖堂には17時15分に着きましたが、なぜかまだ開いていたので、本陣を覗くことはできました。
オルガン奏者が練習していたので、そのせいかもしれませんね。

でも、いつ閉まるかと思うとゆっくり見学はできませんでしたし、礼拝堂や、樹齢1000年の白バラの木とか、そういう有料のところは、当然、閉まっていました。

この日は、大聖堂や、木組みの家が美しいマルクト広場(でもこの町は戦災でほとんど破壊されたので木組みの家も戦後に復旧されたものです)の写真撮影散策をして、このままハノーファーに戻ることにしました。

でも、ヒルデスハイムの観光をこれで終わらせるのは惜しいと思いました。

大戦で破壊されたため、旧市街があまり旧市街らしくなく、町の見どころはやや点在気味だったのですが、それでも、ほんのちょっと回っただけで、この町の魅力にとりつかれました。

逆にこの町に足を踏み入れなかったら、こんなにステキな町だなんて知らないまま、旅程の候補に挙げながら去ってしまうところだったのです。

それにやっぱりね、ヒルデスハイムに足を踏み入れておきながら、世界遺産に登録されている聖ミヒャエル教会を見ないですますなんて、なんとかがすたる!って気がしました。

というわけで、翌日はハノーファーのヘレンハウゼン庭園で一日過ごす予定だったのを、午後半日に短縮し、午前中にヒルデスハイムを再訪することにしました。

月曜日なのでミュージーアムは入れませんが、見どころの半分以上は教会なので、OKです。
半日しか裂く余裕はなかったので、入れなければ入れないで半日で観光を終わらせる思い切りもつくからいいやと思いました。

(でもヒルデスハイムには中南米やアフリカのすばらしいコレクションがある民族学博物館があったんですよねぇ。)

結果、2往復することになってバカらしいと思ったんですけど、それでもいいじゃん!と開き直ったら、この日はすがすがしい気持ちでヒルデスハイムを後にすることができました。

その帰り道、中央駅に向かう途中で撮ったのが、次に紹介するショーウィンドウの写真です。

まだ9月なのに、すでにクリスマスのディスプレイがありました。

2002_HildesheimSW-1.JPG

でも可愛いでしょ? やはり撮影する動機には、「可愛い」というのは大きいです。

もう一枚。

2002_HildesheimSW-2.JPG

下の方をズームアップしてみましょう。
雪だるまの合奏団と、金のトナカイ、それに左にいるサンタさんがわかりますかしら。

2002_hildesheimsw2zoom.JPG

それから、この日は9/22。クリスマスよりも先に来るハロウィーンのディスプレイもありました。

2002_HildesheimSW-3.JPG

ちょっと見づらいので、ズームアップしてみましょう。
まずは中央の魔法使いのおばさん。

2002_hildesheimsw3zoom1.JPG

おばあさん、でなくて、まだ、おばさん、ってかんじでしょ? 可愛らしくて。

それから向かって右のかぼちゃの周辺。

2002_hildesheimsw3zoom2.JPG

下の方のキノコ群のそばに、ハロウィーンのかぼちゃたちがいます。

2002_hildesheimsw3zoom3.JPG

ところで、翌日、ヒルデスハイムを再訪したときに、道路にこんな印を見つけました。

2002_Hildesheim_road.JPG

これはヒルデスハイムの大聖堂の樹齢1000年の白バラの木にちなんで、ヒルデスハイムお薦めの観光コースRosenroute(バラのルート)の道しるべなんです。

いやはや、おかげで方向音痴の私は、ちょっと散在していてわかりにくいヒルデスハイムの見どころを、これのおかげですんなり見つけることができて、とても助かりました。

ショーウィンドウ特集その7――ツェレの続き。街並みの写真付

ドイツの街並みは、ご存知、第二次大戦のときの連合軍の爆撃で被害を受けました。
今、見られるドイツらしい美しい木組みの家の街並みも、戦後の復興によるものが多いです。

2001年にドレスデンを旅行したときに、アルベルティーヌムのミュージーアム・ショップで、「ドレスデン―――破壊の後と今日」という薄い写真集を買いました。
大戦の爆撃で破壊された直後の写真と、復旧された現在の写真が見開きで対比して見られるようになっていました。

破壊の後のあまりの無残さにショックを受けると共に、この瓦礫から必要な破片を取り出して、現在のようにその爪あとがほとんど感じられないほどに復旧するまでの人々の努力に頭が下がる思いでした。

というわけで、ドイツの各地に残っている美しい木組みの家も、こんな風に戦後に建て直されたものもあるんだなぁと思いながら、昔ながらの建築様式・街並みを守ろうとする姿勢にも脱帽しました。

おかげで今でもこうしてドイツの旅の魅力として堪能できるわけですし@

ところがツェレは、ドイツの中でも数少ない、連合軍の爆撃の被害を受けなかった街の一つなのだそうです。

その理由は、ツェレ城を居城としていたブラウンシュヴァイク・リューネブルク公爵家が、当時のイギリスのハノーファー王朝の先祖なので (確かハノーファー王朝の王様の祖母の出身地にあたるのだったと思います)、ツェレは爆撃対象から外されたそうです。

おかげでツェレの木組みの家は、戦後の復興ではなく、昔からのものが残っている稀少な例なのだそうです。

ショーウィンドウシリーズの続きで、土曜の夕方に撮ったショーウィンドウの写真を紹介しがてら、そんな木組みの家の写真も紹介しようと思います。

まずは、市教会の塔の上からツェレの街並みを見下ろした写真です。

2002_Celle_houses1.JPG

この写真は、わざと金網を残してみました。
そのせいで、うち何枚かは、金網による白い部分が大きすぎて、写真としては失敗作になってしまいました。
でもこの一枚は気に入っています。

次に、木組みの家が美しい目抜き通りを歩きながら撮ったショーウィンドウの写真。前回のジュエリーショップのものから数えて3枚目になります。

2002_CelleSW-3.JPG

これは、商品が買いたくて、買えない代わりに写真を撮った、というわけでなく、単純にディスプレイが可愛くて気に入ったからです。
これもジュエリーショップのショーウィンドウですけど。

これらのショーウィンドウの写真を撮った通りの写真もご紹介しましょう。

2002_Celle_houses2.JPG

1階部分がお店なのが、わかりますかしら?
土曜の午後なので、すでにどこもしっかり店じまいをしています。そのせいで人影も少なくて、ちょっと閑散として見えますね。

もう一枚。

2002_Celle_houses3.JPG

この写真を見ておわかりでしょうか、木組みの家の壁が、よくある白一色ではなく、結構、カラフルでしょ?

これはドイツによくある木組みの家の中でも、ツェレ独特なのだそうです。

ショーウィンドウ特集その6――土曜の午後のツェレ

2002年の秋のドイツ旅行で、まず最初にベルリンに5泊した後は、ハノーファーに4泊して、ハノーファー観光のほかに、日帰りで、ツェレ、ヴラウエンシュヴァイク、ヒルデスハイムへ行きました。

その後は、カッセルで3泊して、日帰り旅行、というか半日旅行だったのですが、ハン・ミュンデンに行きました。

その後は最後の目的地のフランクフルトで、6泊しました。

フランクフルトはベルリンや前年に行ったミュンヘンに劣らずミュージーアムが豊富な大都会。
2日半はミュージーアムめぐりに費やしましたが、日帰りとして、ローテンブルクへは鉄道のアクセスが悪いので現地ツアーを利用し、ほかにイダー・オーバーシュタインとマインツに鉄道で日帰りしました。

こうしてみると、しっかり都市滞在型なんですね。
ドイツはそういう形での旅行がしやすかったです。

これらの街の中で、特にドイツに興味がある、というのでない限り、あんまり知られていないところがわりと含まれていると思うのですが、どうでしょう。

少なくとも私は、この年にベルリンとフランクフルトを結ぶために、間の滞在都市・訪問都市はどうしようかなぁ、と調べ始めるまで特に知らなかった街があります。

ツェレもその一つです。

ここは、ドイツといえば思い浮かべる木組みの家ことファッハベルクハウス。
これがすばらしくよく残っている街の一つです。

ところで、表題にわざわざ土曜の午後、と書いたわけ。

大都市なら別ですが、ヨーロッパの商店は土曜の午後から日曜日はお休みなのがふつうです。

日本にいると仕事が休みの土日にこそ買い物、と思ったりするのですが、海外旅行先ではそうはいきません。

観光のついでにショッピングを楽しみたくても、土曜の午後から日曜日は、ウィンドウショッピングで我慢するしかないのです。

2002年度、ツェレへはハノーファからの日帰りで土曜に出かけました。
ドイツ国鉄で、ハノーファーから片道20分ほどです。日帰りにはほんと、ちょうどいい街でした。

ツェレの目当てはお城見学と、美しい木組みの家の町並み、それから願わくば街中の小さな博物館に入れれば、と思っていました。

ショッピングは、品揃え店揃えが豊富な都会ですればいいや、と思っていました。

午前中から昼過ぎまで、城を含めて、ひととおりツェレの観光をすませました。

旧市街の木組みの家並みが美しい通りは、まず観光用の馬車でひととおり見ました。

昼すぎから夕方にかけては、その中で気に入った通りを、今度は写真撮影の目的で自分でコースを決めて散策しました。

なにしろ馬車に乗っているときは、どんなにスピードがゆっくりであっても、揺れて揺れて、とても写真は撮れませんでしたからね。

あ、そういえば、そのコースの途中で、馬が途中で便意をもよおしたので、すっきりしていただくまで、乗客の私たちはもちろん、馬車に後ろにはずらっと車が列をなして待ってた、なんてこともありましたっけ。

馬のスピードが徒歩と変わらないので、馬のトイレ休憩があろうとなかろうと、後ろの車が徐行でのろのろとついて来ざるをえなかったのには変わりなかったんですけどね。

話を戻しましょう。

そうして木組みの家並みを堪能しながら写真撮影散策を楽しんで、目抜き通りを通りかかったとき、なにげなしにショーウィンドウを眺めながら歩いていて……。

あるジュエリーショップで。

いまがなんで土曜の夜なんのぉ~!

と、絶叫、後悔したくなりました。

あと数時間、早くにここを通りかかっていたら!

そのくらい、気に入ったアクセサリーを見つけたのです。
シルバー製品なので、お値段も手ごろ。

でも土曜の午後は店は閉店……。

もう、日本から念入りに立ててきた日程も無視して、明後日の月曜、またツェレに来るか?―――と本気で考えたくらい、欲しくて欲しくてたまらなくなりました。

悩んで悩んで……でも最終的には、写真だけ撮ってあきらめることにしました。

これです。

2002-CelleSW-1.JPG

似たようなものをどこかで見つけないかな、と淡い期待を抱きましたが、いまだに見つけることはできていません。

でも、こういうのって、すごく気に入るかどうかというのは、初めての出会いのときにピピッとくるか、こないか、というのが大きいんですよね。

似てるから、それでいい、というわけでもなく。
逆に手に入らないとわかっているからこそ、ますます欲しいという気持ちだけ募るということもあって。

今では思い出の一つにおさまりました。気持ちもね。

ついでに、同じジュエリーショップで、漢字をかたどったペンダント・ヘッドを見つけました。

でもね、おもしろいんですよ、ディスプレイがね、置き方が反対!

2002-CelleSW-2.JPG

ねっ!

「愛(=Liebe)」
「福=(viel Glueck)」
「友(=Freundschaft)」

と、文字はよい文字を選んでいるんですけどね。

ちなみに値札の単位は、2002年なのですでにユーロです。

ツェレではもう一枚、ショーウィンドウの写真を撮っていますが、長くなったので、い
ったんここで区切りましょう。

そのときに、せっかくなので、ツェレの木組みの家の街並みも紹介しようと思います。

ショーウィンドウ特集その5――ベルリンのコーミッシェ・オーパーの隣のショップ

ただでさえ女一人旅で用心が必要なのだから、不慣れな海外旅行先で夜間に出歩くのはよそう―――。

かつてはそう思っていたはずのに、いつのまにやら、というかここ数年は、海外旅行に行くなら、日本よりずっとチケットが安く手に入るナイトライフを楽しまなくて、どうする、みたいな考えに切り替わってしまいました。

海外旅行先で、あわよくば、という形で行けたコンサートや舞台が、びっくりするほど安くて、それで値段以上の満足感を得られたから、味をしめたのでしょうか。

でも一番の理由は、日本でも公演や舞台を楽しむすべを覚えてしまってから、でしょうね。
きっかけは海外旅行先での経験でしたけど。

そういえば私の趣味で、今の私の中でとても大きな位置を占めているものの中には、海外できっかけを得て、日本で楽しみ方を覚えたというのが大きい気がします。

絵画鑑賞もしかり、博物館巡りもしかり、舞台観劇もしかり。
しかし、もちろん、その趣味に向かう素地がありました。

2002年度のドイツ旅行のときには、すでに、一人旅なので夜遅くに出歩くのは控えよう!ではなく、ナイトライフはできるだけ楽しまなくては!の境地でした。

ただし、さすがに全行程のすべてにおいて、ではなく、ナイトライフのチャンスが多い都市、最初に訪れたベルリンで狙いました。

2002年度のドイツ旅行は、2001年度がベルリンからミュンヘンへとほほど縦断したのに対し、今度はベルリンからフランクフルトへと、ほぼ横断しました。

ベルリン再訪は、たっぷり5泊しました。
といっても到着日はほとんど機内で過ごしたので勘定に入れられないので実質4泊。

うち3晩は、劇場に通っていました。
運良く、好みの舞台があってチケットが取れた、というせいもありますけど。

出発前から狙っていて、絶対、見るんだ!と意気込んでチケットを取ったものもあります。
(そういう場合は、多少、手数料分が割高でも、目をつぶる私)

2002年度のベルリン観光の手始めは、まずそういったナイトライフを埋めることで始めました。

ショーウィンドウ特集なのに、なぜ、こんな話から始めたかといいますと、実はこれから紹介する写真が、そんな風に、ナイトライフのチケットを求めて歩き回っていたときに撮った写真だからです。

ベルリンには、いわゆるオペラが3つ、あるんですよね。

旧東ベルリンにあるベルリン国立歌劇場(Staatsoper Unter den Linden)。
旧西ベルリンにあるベルリン・ドイツ・オペラ(Deutsche Oper Berlin)。
そしてかつての東ドイツが新しい時代のオペラの殿堂として建設したという、コーミッシェ・オーパー(Komische Oper)。

2002年度のドイツ旅行のときのベルリン滞在時。連チャンでナイトライフに出かけたうちの一つは、コーミッシュ・オーパーでのバレエでした。

情報は、ツォー駅に近いオイローパ・センター内の観光案内所で拾いました。

このときチケットの入手方法は、①ホテルのレセプションを利用する、②観光案内所を利用する、③劇場の窓口で購入する、の3通りありました。

ベルリンウェルカムカードという旅行者に便利な、交通機関乗り放題+観光ハイライト・レストラン・ショップの割引カードがあるのですが、これが使えるのは③のみ。

それでも、行きづらい場所の場合は、時間を金で買うと割り切って、①や②の手段でチケットを手にいれました。

コーミッシュ・オーパーのバレエのチケットは、劇場に出向いて買いに行きました。
なにしろ、コーミッシュ・オーパーは、リンター・デン・ウンデン大通りに近いので、チケットを購入後に、すぐ付近で観光を始めることができるからです。

これから紹介するショーウィンドウの写真は、その劇場の隣のアート系の家具やグッズが売られてるショーウィンドウでした。

2002-BerlinSW-1.JPG

ねっ。見てるだけでもワクワクしません?
自分の部屋には置けそうにないものばかりですけど……。

ちなみに、このショーウィンドウのガラスには、道路挟んだ反対側の歩道沿いの建物も写っているので、一種、独特なものになってしまいました。

でもそれはそれで、いいや、というか、なんか気に入っています。

同じ店のショーウィンドウをもう一枚。

2002-BerlinSW-2.JPG

こちらの写真にも、反対側の歩道沿いの建物が写っています。

ちなみにこちらの写真は、カエルの王様が真ん中に写るように撮りました。
その後ろのイスとあわせて、ズームアップしてみましょう。

2002berlinsw2zoom.JPG

いかが?
頭にかぶっているのは、冠だと思うんです。

グリム童話あたりにありませんでしたっけ、カエルにされた王子さまのお話。

その他のカテゴリー

*【INDEX】 | *【旅程一覧】 | *旅の準備編 | 1986年夏 サンフランシスコ・ホームスティ3週間&ロサンゼルス観光3日間 | 1987年夏 イギリス・ブライトン・ホームスティ3週間&ロンドン観光3日間 | 1988年春 ロンドン・ホームステイ3週間&ヨーロッパ旅行10日間 | 1989年春 ヨーロッパ旅行(仏・伊・独・アムステルダム・英)30日間 | 1990年夏 韓国旅行(ソウル・慶州・釜山)7日間 | 1991年秋 ヨーロッパ美術旅行(英・ベルギー・独・ウィーン・伊・仏)25日間 | 1992年春 イタリア旅行(ローマ・ペルージャ・フィレンツェ周辺) | 1992年秋 北京と西安旅行8日間 | 1993年春 北イタリア旅行(ミュンヘン・ヴェネチア・ジェノバ周辺)16日間 | 1993年秋 ロンドン旅行9日間 | 1994年冬 カッパドキアとイスタンブール旅行8日間 | 1995年春 南イタリア:マルタとシチリアをめぐる旅15日間 | 1997年春 ローマとナポリ・チュニジア旅行20日間 | 1998年秋 イスラエル旅行11日間 | 1999年秋 スペイン旅行22日間 | 2000年秋 サンクト・ペテルブルクとモスクワの旅12日間 | 2001年秋 ドイツ旅行:ベルリン~ミュンヘン縦断18日間 | 2002年秋 ドイツ旅行:ベルリン~フランクフルト横断20日間 | 2003年夏 オーストリア旅行15日間 | 2004年夏 中欧旅行 (ブダペスト・ウィーン・チェコ)20日間 | 2005年夏 プラハとポーランド旅行20日間 | 2006年秋 ハンガリーとルーマニア旅行23日間 | 2007年夏 ルーマニア旅行23日間 | 2008年夏 ブルガリア旅行17日間 | 2009年夏 ウクライナ旅行17日間 | 2010年夏 バルト三国旅行17日間 | 2010年秋 極東ロシア旅行4泊3日 | 2011年夏 コーカサス3国旅行15日間 | 2011年秋 ウズベキスタン旅行1週間 | 2012年秋 中央アジア旅行11日間 | 2013年夏 ロシア旅行18日間 | 2014年夏 ドイツ旅行18日間 | 2015年夏モスクワ再訪旅行13日間 | 2016年夏 ロシア黄金の環めぐり14日間 | 2018年夏 シベリア・ヤクーツクとサハ共和国7日間 | 中欧旅行食べ物特集 | 写真による旅行記2004年中欧旅行(ブダペスト・ウィーン・チェコ) | 旅先のおみやげシリーズ | 旅先のショーウィンドウ特集 | 旅先の動物シリーズ | 旅先の博物館シリーズ | 旅先の店内シリーズ | 旅先の植物シリーズ