2018年夏 シベリア・ヤクーツクとサハ共和国7日間

サハ共和国とヤクーツクの情報集め

今年2018年の海外旅行先は、ロシアのシベリアのサハ共和国のヤクーツクとその郊外です。
手配はおなじみの代理店さんにお願いできたことと、もともとサハ共和国について詳しいわけではないので、短い旅程の中で要となるところや郊外は、現地ガイドを手配していることで、気持ちに余裕があります。
そもそも出発はまだ先なので、いまは情報集めといっても、ぼちぼちというかんじです。

情報集めにやはり頼りになるのは、ガイドブック。
ネットで、もっと詳しいリアルな情報が手に入るとしても、まだまだアナログな私にとって、ガイドブックが基盤(イメージはハード)となり、その上でいろいろ情報を補足するのが、ネットでゲットできる情報(イメージはソフト)です。

立案当初は、以前の旅行で使ったちょっと昔の「地球の歩き方」と「Lonely Planet」をまず参考にしたのですが、いまひとつ自分が旅行しているイメージがわかず、ネットで旅行代理店が提案する旅行プランを検索してみました。
でも、見つけることができた日本の代理店のものは、昔のプランで、今は募集されていないし、団体用でしたし、英語サイトの代理店のものは、冬のツアーか、ちょっとサバイバルチックあるいはもっと長期の旅行者向けのもので、いまひとつ参考になりませんでした。
結局、立案には、私の好みをよくご存知の、なじみの代理店の担当者が提案してくれたプランにのっかりました!

でも、フリーの日に何をするかは、できるだけ情報は集めておいて、現地で最終的に決めるつもりです。
なので、まずは、最新のガイドブックに当たろうとして、Lonely Planetの公式サイトを検索しました。
日本人があまり行かない行き先は、「地球の歩き方」よりLonely Planetの方が頼りになることが多いし、PDF版をチャプター単位でネット購入もできます。
ところが、あいにくLonely Planetは、ロシア全体版はあっても、「地球の歩き方シベリア」のような、エリア限定のものはありませんでした。
シベリア鉄道をテーマとしたガイドブックはあったのですが、サハ共和国はシベリアであっても、シベリア鉄道は通っていないので、対象外でした。

次に、「地球の歩き方シベリア」の最新版に当たることにしました。
私が参考にしたのは、2012年版だったからです。
ところが、書店で手に取ってみた最新の「地球の歩き方シベリア」では、サハ共和国の首都ヤクーツクのチャプターが、なくなっていました!
大ショック!
記述そのものはあったのですが、いわばおまけのエクスカーション先のような扱いに格下げされていたのです!
文章を読んでみると、2012年版のものと大差なかったですが、見どころが、見出しを立てて分けられていなくて、だらだらと続けられた文章の中で、太字にして目立たせているだけです!
そのため、欄外の営業日や営業時間、アクセスや公式サイトのURL情報のようなものは、すっぱりなくなっていました!
……いまどきはネットで情報が拾えるのだから、自分で調べろってことですね、まったく!!
写真もずいぶん減りました。写真集みたいなガイドブックでは困りますが、やはり写真1枚の情報量はどれほどありがたかったか!

要するに、海外旅行に行く日本人は増えても、行き先がどんどん広がっても、サハ共和国に行こうっていう日本人はあんまりいないんですねぇ。
であれば、天の邪鬼な私は、ますます萌えるかも!?

でも、もともとネットで情報を補足するつもりでした。
いまでは、公式サイトがロシア語オンリーでも、ブラウザの自動翻訳機能を使えば、ものすごーくへんちくりんな日本語ですが、それでもかなり情報が拾えます。
言葉を覚え始めた幼児程度のロシア語力しかない私にとっては、自動翻訳機能はかなりありがたいです!
たぶん、日本語に直接翻訳させるよりは、英語の方がまだましなのかもしれませんが、どんなにへんちくりんでも、日本語の方がてっとり早いです。どうしようもなかったら、英語にするかな。

そのへんちくりんな自動翻訳の日本語例をちょっと紹介しましょう。
はじめはピンと来なかったけれど、しばらくしたら気付きました。

まず休館日のことは、なぜか「衛生日」と訳されてしまいます。
サハ共和国のことは、「サクラ共和国」になっています。
ロシア語のスペルを英語のアルファベットにすると、サハはSakhaとなるせいだろうと思います。
khで、息を出しながら発音する有気音を示しているのです。
それから、首都のヤクーツクは、ロシア語のスペルを英語にすると、Yakutia、つまりヤクーチア。それが自動翻訳では、「屋久島」。
サハ共和国のヤクーツクと書かれた部分が、サクラ共和国の屋久島。
……笑えません。気付いたときは、全然笑えませんでした!

それでも、行きたいところで、昔の「地球の歩き方」にも見どころとして情報が載せられていないところ───国立美術館とか、動物園とかの情報を拾うには、自動翻訳機能は助かっています。
何が書かれてあるか見当がつくだけでも───そこに欲しい情報はないと分かって情報源を絞り込むことができるだけでも、雲をつかむようだったネット検索においては、ずいぶん助かります。

それから、ネットの地図と航空写真で、ホテルからの道筋などのイメージがつけられそうです。
これは、ふだんどこか行くとき、絶対迷いたくないときの下調べでも活用する方法です。

あと大事なことは、行きたい場所のロシア語を頭に入れること!
少なくても書かれたメモを用意しておいた方がいいでしょう。

なにしろ、ロシアのミュージーアムなどは、どうも物々しい名前がついているところが多く、日本語の表記はいわゆる……ってことになることも多いようなのです。
もちろん、有名なマンモス博物館とか、民族楽器ホムズの博物館などは、通称でも通じそうですし、マンモスやホムズさえきちんと発音できれば、そこにミュージーアムをくっつければ、現地の人に通じるでしょう。
動物園も、ヤクーツク市にいくつもあるわけではなさそうなので、動物園という単語1つ覚えておけば大丈夫です。ヤクーツクで動物園に行きたいと口にしたときに、他都市の動物園のことだと思う人は、まずいないでしょう。
でも、国立美術館ははじめわけが分からなかったです。いくつかの分室があって、すべてひっくるめて国立美術館となっていたし、分室の名前には、コレクションのもととなった寄贈者の名前がついているので、なんのコレクションか分かりにくかったです。
自動翻訳した日本語もへんちくりんで、文章になっていないし、わけわからなくて、はじめはさじをなげそうになりしました。
でも、1回目はそうでも、2回目、3回目と見ていくうちに、だんだんと見えてきました。

それからネットの地図では、レストラン情報などが拾えそうです。
以前は、「地球の歩き方」やLonely Planetの数少ないレストラン情報を当てにして向かったらも、もうそこに店はなかった、ということがありました。
同じシベリアのウラジオストクとかハバロフスクだったか。
1日の観光でくたくたに疲れ、現地食材の夕食を楽しみにしていたのに、たどり着いたらそれらしき店が見当たらなかったときのショックと言ったら!
あるいは、住所と地図の表示がずれていたこともありました。通りが1本違ってしまうと、方向音痴で土地鑑のない私には、到底見つけられません。

ネットの地図を拡大していくと、ホテルの周辺や、徒歩圏内などで、レストランの記号がわりと出てきました。
ただ、それがイタリアンとかばっかりだったら、ちょっとつまらないかな。わざわざロシアでマクドナルドに入りたくない気持ちと同じです(たとえマクドナルドはロシアにとって外資レストランとして日本のファーストフードのイメージよりもずっと格が高くても)。
でも、日本食レストランなら、行く甲斐があります。ロシア人向けにめちゃくちゃアレンジされた日本料理は、面白いし興味かあるからです@
そしてヤクーツクはどうか知りませんが、少なくとも近年のロシアは、日本食レストランが圧倒的に多い国なのです。

こんな風に、今は少しずつ、現地で自分がどう楽しめるか、イメージしながら、ぼちぼちと情報を集めているところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

最近は海外旅行立案でちょっとラクしている私~過去の旅行スタイルをふり返りながら

社会人になった後、1900年代から2000年代の私は、今よりもっと海外旅行命でした!
仕事をするのは海外旅行に行く資金稼ぎのためと思うと、当時はかなり過重労働でしたが、励みになりました。
海外旅行好きが多い、比較的小規模な職場で、繁忙期と閑散期が極端な仕事でもあったし、管理職でもなかったので、長期休暇も取りやすかったです。
そして今より若かった分、ずっと健康に自信があり、無茶が出来たので、風邪で休んだことはなくはないけれど、有給休暇のほとんどを海外旅行のためにとっておくこともできました。
そして当時の私は、年に一回の海外旅行に行けなかったら、仕事もなにもかもやめてしまう!と思いつめたことがあったくらいでした。
ただ、仕事をやめてしまうとお金がなくなるので、やめませんでした(苦笑)。それに仕事自体は性に合っていたので@
1900年代、イタリアに夢中だったときは、イタリアへ語学留学を考えたこともありました。
でも、私は観光旅行をしたかったのであって、イタリアで生活したいわけでも、留学を活かしたいキャリアの希望も目的もあったわけではなかったので、ちょっと検討して、すぐにやめました(笑)。

2000年代くらいから、ロシア旅行をきっかけに東欧のエキゾチズムと自分にとって未知なエリアに惹かれるようになりました。
このくらいからインターネットで旅行情報を拾ったり、海外の代理店に直接メールで連絡をとって旅の手配をするのもだいぶ一般的になっていたこともあり、立案に1番時間を割いたのはこの頃だったと思います。
というのも1900年代はイタリアとか西欧で日本でもメジャーな行き先が多く、「地球の歩き方」、補足としてLonely Planetさえあれば、そんなに念入りに下調べしなくても、見どころはいくらでもありました。
1900年代は、ホテルも現地の観光案内所に相談して取ったものです。
私は急な変更に弱いので、行きたいルートは考えてあり、だいたいその通りに旅行してはいましたが、現地で急に予定を変えたことがないわけでもないです。
また、今ほど事前準備はしなくも、行った先で決めれば間に合うことが多かったと思います。それに1900年代は、今ほど現地の情報がリアルタイムでは手に入りませんでした。

でも、2000年代くらいから丁寧に旅程を組み立てるようになり、事前にしっかり手配をしておいて、現地でホテルや移動のチケットの調達に時間をかけず、その分、観光や撮影散策に充てる楽しさに目覚めました。
そしてこの頃から、海外旅行のうち、現地でホテルを探したりチケットを取ったりすることは、旅先の楽しみの要素ではなくなったように思います。期待が膨らむので、立案中の楽しみにはなりましたけど。
まあ、行き先が東欧メインになり、英語がよく通じないところばかりになりましたし、旧社会主義国の旅行インフラは西欧より整備されていなかったし、観光資源も西欧ほど分かりやすく開発されていなかったせいでもありました。
それと、先にホテルが決まっていれば、市内観光ルートや最寄りの駅への行き方などをあらかじめ確認し、ある程度シミュレーションしておくことができます。

2010年代に入ってから、今の旅行代理店をよく利用するようになりました。
と同時に、コンデジから一眼レフに移行して、国内での撮影散策にどんどん夢中になってきました。
海外旅行先の方が、写真ネタはケタ違いに多いですが、撮影目的だけであれば、日常生活の中にも探せばいくらでも転がっています。
また、観劇趣味にハマり出し、去年からちょっと控えるようにしたものの、それでも今も週に1回くらいの頻度で見に行っています。
それから、当然ですが、昔ほど若くなくなりました(苦笑)。
昔は風邪を引いたときか、年に1回の歯科検診、そして腰痛対策で週末の整体くらいしか医者通いをしていなかったのですが、今では2ヶ所も月1回の通院が増えてしまいました。
また、私だけでなく、母親も年老いてきました。月1度の母のための病院送迎も加わりました。
そしてプライベートだけでなく、仕事上の予定も、IT化が進んだことで、昔よりも細かく、せわしなくなった気がします。
ついでにいうと、会社が合併して大規模になり、必ずしも海外旅行好きの社員ばかりではなくなりました。また、チーフ程度ですが役職についてしまい、自分の仕事だけでなく、チーム全体の予定も考えなくてはならなくなりました。
というわけで、今の私は、毎日のように手帳を開いたり、予定を書き込んだ壁掛けカレンダーを何も見ては、今日一日、これから一週間、一か月、数ヶ月単位でのスケジュールの調整と確認をしなければならなくなり、時々、頭がパンクしそうになります!

そんなわけで、昔に比べると、海外旅行の立案にゆっくり時間をかけていないです。いや、時間の問題ではなく、気持ちのゆとりの有無かもしれません。
そのことに、ちょっぴり後ろめたさを感じます。
なにしろ、いまでは海外旅行のいろんなパーツを、どんどん1人で手配できる時代になったからです。
そして、昔はできるだけ1人でやろうとしていて、そこに海外旅行の楽しみを見いだしていたのに、いまではすっかり代理店さんに頼っているからです。

でも、自分に言い訳をしてみましょう。
昔の私も、海外旅行以外にいろいろと考えることやスケジュール管理しなければならないことがあったとは思いますが、上述のとおり、やはり今の方が管理しなければならないスケジュールが増えて、私の小さな頭は飽和状態になりやすくなりました。
それから、今の私が惹かれる海外旅行先は、どちらかというと日本ではあまりメジャーではないところが多いです。
インフラが整っていて旅行しやすいところは、もっと年を取ってから再開するのでもいいと思っているからです。今は。
メジャーでないところで自分の思い通りの観光をしたいと思うと、現地ガイドや送迎の手配も考えるので、なにかと割高になります。
フルタイムで働いていて、ドカーンと大きな出費のない今なら、まだそういう旅行がしやすいです。
それに、自分でやる手間や苦労、それから安全の確保を、お金で換算して考えるようになりました。
たとえば、ロシアはビザが必要です。
今では個人でもとろうと思えばとれる時代になったと思いますが、平日にロシア大使館に行くとしたら仕事を休まなければなりません。
仕事を休んで自分で出かけるのと、慣れない私がする手続きの手間や苦労を考えたら、お金を出して手配してもらった方が確実ですし、給料から自分の時給を考えて、仕事を休んだ分と手間や苦労もお金に換算したら、十分に割にあうと思います。
そんな風に、無理してできるだけ自力でチャレンジするよりは、一定のお金を出してプロにお任せした方が、ずっと良いと考えるようになりました。
社会的にもいろんな便利屋が出現し、インターネットで探せるようになったので、そういう風潮になっていると思います。
というか、そもそも私はDIYは好きではないし、向いていないんですね(苦笑)。

それから、この点が大きいですが、何度も同じ旅行代理店さんを利用し、同じ担当者さんと立案してきたので、私のやりたい傾向もよくご存知で、アイデアや情報をお願いすると、かなりどんぴしゃりな好みや条件のものを提供してもらえるのです。
そういうアイデアや情報の価値は、代理店への手数料分や、直接手配するより割高になる分を十分上回ると思っています。
そんなわけで、今回はとりわけ、漠然と興味はあったけれど、旅行インフラや具体的な観光資源がどのくらいあるか、あまりよく分からない段階で、相談してみました。
今年も7月に旅行するに当たって、3月中か4月の頭には航空券だけでもおさえておきたかったからです。

なので、今回のたった7日間(正味5日間)の旅程は、代理店のおなじみの担当者さんに提案してもらった、ほとんどそのままなのでした~!

でも、考えてみたら、旅行代理店が広告に出す個人向けのツアー・スケジュールを参考に立案するのも、旅程の立て方の1つです。
そして実際、1998年のイスラエル旅行はそうやって立案した覚えがありますし、2000年の初ロシア旅行のときは、1人から参加できるフライトとホテルとサンクトペテルブルクからモスクワへの片道寝台車チケット付きの個人旅行として売り出されていたものを、日程を延長する形で申し込んだのです。
それに私が最近好む行き先が日本ではあまりメジャーではなく、それほど時間をかける人も少ないから、観光資源が紹介されていないだけで、日本のガイドブックに載っていない見どころはいろいろあるはずです。
ただ、見どころがあっても、一般の観光客がほいほいと見に行けるかどうかは分かりません。
代理店が立てるスケジュールに盛り込まれているということは、少なくとも代理店経由でなら手配出来る可能性があるところになります。
自分でもどんな見どころがあるか一応調べました。「地球の歩き方」やLonely Planetのロシアではあまりにも情報が少なかったので(「地球の歩き方シベリア」で調べたらもうちょっとありましたが)、ネット検索してみました。
まず、Trip Advisorに当たりましたが、これは市内散策の見どころなら探しやすいですし、クチコミも、いまは自動翻訳で他国語でもだいたい読めるようになりましたが、郊外だとアクセス方法がよく分かりませんでした。
それに人気順で表示されるのですが、その順位が必ずしも自分の好みと一致しないし、最後まで表示させるのはけっこう面倒くさいし、市内の徒歩圏内と郊外、さらには近郊の都市のものもごちゃまぜだったので、場所とあわせて一覧できないのは、けっこううんざりしました(苦笑)。
見どころが限られているので最後までざっと確認できましたが、もっと人気のメジャーな観光地だったら、どんなことになっていたか。いや、そういうところは最後のページまで見るまでもなく、行きたいところがいっぱいになるのでしょう。
次に、日本語と英語でざっくりとキーワード検索をしてみたのですが、参考になりそうだったのは、英語圏の代理店のエクスカーションやツアー情報がいくつかでした。
ただ、どれも一人参加は想定されていなくて、グループでの申込みがあれば応じるようなところばかりでしたし、既成のツアー日程も、欧米人なら好みそうな(?)、ゆっくり滞在するアウトドア型のものばかりで、日数的にも内容的に私にはハードルが高すぎて好みではなく、これなら私も楽しめそうだという感じはしませんでした。
あるいは日本の代理店のものでも過去のツアーで、現在募集されていなかったりしました。
それか極寒の地だけあって、冬限定のものというのもありました。でも、私が行きたいのは7月なのです。

それと、東欧訪問を旅行しはじめてみて、私はそれほど、旅の楽しみ方が上手ではないんじゃないかと思うようになりました。
もちろん、旅の楽しみ方はそれぞれであり、必見なものすごいものを、ちょっと調べさえすればすぐ手の届くところにあったのに見逃して、ただぶらぶら町歩きをしていたとしても、その時間が楽しければ、旅は充実していたといえるでしょう。
ただ、私は、たとえば、なにもない遺跡を見ただけで歴史を想像できるタイプではないです。復元図とか、目に見えるものがあった方がよい、ミーハーです。
けっこう人見知りなので、現地の人とそう簡単にふれあいが持てるわけでもないです。たとえそのチャンスがあっても、もともと内向的で人付き合いが少ないので、相手があまりにひとなつっこすぎると、腰が引けてしまいます。
ほいほいと仲良くなるのもリスクを伴います。相手がやたら自分に合わせてくれてつきあいやすかったりするのは、下心があるといってよいでしょう。ちゃんとしたビジネス関係ならまだしも。
また、私はとても方向音痴なので、見知らぬ土地で、テキパキと動き回れません。1人旅なのを良いことに、たくさん迷いながら、時間をかけてゆっくり慣れてきただけです。

それに、自分の中で空白でなじみがなかった国やエリアに行って、少しでもなじみになりたい───私の今の海外旅行の目的の1つはこれです。
その意味では、アクセスも不自由な観光地で、その場所についてそれほど詳しく知らない場合は、現地ガイド付きのエクスカーションを入れたくなります。
現地の観光案内所主催のエクスカーションがあればよいのですが、最近の私の行き先では───具体的にはロシアでは、そういうエクスカーションはあっても現地の人向けで、外国人向けの英語のツアーはなかったです。今回も同じロシアなので、やっぱりないでしょう。
過去に何度か、それでもロシア人ツアーに参加したことがあります。
ロシア語の説明は全く分からなかったけれど、自力で行くのが大変なところ、あるいは全然下調べしていなかったところに連れていってもらい、由緒も歴史も観光資源である理由も全くわからないまま、ただ写真をぱちぱち撮るだけでも面白かったですが、それはあくまで結果論。
毎度そういうツアーを当てにできるわけでもないし、当てにして空白の日程を残しておくには、代わりの観光資源は少なそうですし、ガイドブックやネットで紹介されていないような観光資源や楽しみ方を現地で探し出せる自信はありません。
一昨年のロシアの黄金の環めぐりのように、美しい町歩きが楽しみにできるところは、何をしようか考えていなくても良かったのですが、旧ソ連系の都市は必ずしもそういうところばかりではないですから、あらかじめエクスカーションを手配しておくか、自力で回れる見どころの候補が日程以上にあって現地で選択できるくらいでないと……漠然と気になるだけでは、じゃあそこに行こう、という気になりませんでした。

しかし、おなじみの旅行代理店の担当者さんに相談してみて、今回もどんぴしゃりな好みの旅程を提示してもらえました。
というわけで、よっしゃーっ、それならのったーっ!
ってかんじに決めてしまいました@
正直、旅程の中で、自分で考えたところはほとんどありませんが……それもありでしょう@
まさに、おなじみの代理店さんに相談した甲斐があったと思っています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)
|

一年のブランクを経て

去年2017年は海外旅行をとりやめ、1年海外に出かけませんでした。
今年2018年は再開を考えています!

ただし、一年のブランクもあることだし、去年取りやめたイルクーツクとバイカル湖&ウランウデ+ソウルの動物園という案ではなく、別のプランを立てることにしました。
旅行しやすい都会であるモスクワやサンクトペテルブルグに、どこか他の都市もプラスアルファするとか、あるいは新規の訪問国としてベラルーシと組み合わせるとか、いろいろ考えてみました。
どちらかというとサンクトペテルブルグの方に、動物園もターゲットに入れて、再訪したい気持ちがありました。
ところが、今年2018年の夏は、ロシアでワールドカップが開催されるため、モスクワやサンクトペテルブルグのホテルが高騰したり、取れなかったりする可能性があるようです。
そんな時期に無理に出かける必然性は私にはないので、別案を考えることにしました。

そうして大まかなプランはだいたい決まりました。
正味5日間と短いです。
行き先は、またロシアになりますが、シベリアのサハ共和国です。

サハ共和国のことをよく知っているわけではありません。昔、NHKテレビロシア語講座のシベリア・シリーズで放映されていた内容程度です。
でも、それがきっかけ興味をもちました。
それに、ヤクーツクにあるダイヤモンド博物館は、ぜひ行きたくなりました。
私が海外旅行に掲げる目的の1つには、ちょっとしたきっかけで興味を持った国・エリアについて、立案の過程でいろいろ調べ、実際に訪れることで、身近に感じ、少しでも知りたいというのがあります。
ヤクーツクやサハ共和国にはかねてより興味がありました。一度行ってみたいと思っていました。
いつもの旅行代理店の担当者さんに相談してアイデアを伺い、期待が膨らんできました。
この段階で旅への期待が膨らまなかったら、やめておきます。
ヤクーツク以外のエクスカーションを考えたとき、交通インフラなどで不安がないわけではないのですが、今年もおなじみの代理店を通じて手配することにしたので、不安を感じても、ぜひ行きたい、確実に行きたいなら、予算との折り合いをつけながら現地ガイドなり車なりを手配しようと思います。
予算を知り、気持ちがなえたら、とりやめて、別案を考えれば良いことです。

時期は夏を予定しているので、まだまだ時間があります。
それに、旅程は短いので、そんなにたくさん決めることはないはずです。
というか、ヤクーツクやサハ共和国は、残念ながらロシア語ができない私が一人でも回れる観光対象がたくさんあるわけではないので、旅程はそれほど長く取りませんでした。
でも、最近の私の生活スタイルからすると、長すぎる海外旅行はきびしくなったので、約1週間の日程でちょうどよいくらいだと思いました。

短い日程の海外旅行を考えた場合、今の私は、観光対象がたくさんあって、一人歩きしやすい人気の都市あたりをターゲットにした、現地で気ままなフリースタイルにするか、あるいはちょっと辺境(失礼!?)で、日本人が一人で観光旅行しづらいので、日本ではあまりメジャーでない行き先で、多少経費がかかってもやや手厚くプランを立てて、あまり知らなかったところの魅力を開拓する……こんな極端な2パターンに魅力を感じるかもしれません。
前者のスタイルの旅行だったら、いまはもう、旅行代理店に頼る必要はないでしょう。
(もっとも行き先がモスクワやサンクトペテルブルクだったら、ロシアと旧ソ連諸国専門のおなじみの代理店に、豊富な情報やアイデアも当てにして、相談してしまうと思いますが、それはすでに、私の好みや旅の傾向をよく分かっているおなじみの担当者さんがいて、情報やアイデアを当てにできる関係ができているためです。)
そして後者スタイルの旅行は、まだなんとか働き盛りでしっかりとした収入もある今のうちかな、と思ったりします。
そこで私の中でクローズアップしてきたのが、イルクーツクとサハ共和国でした!

| | Comments (8) | TrackBack (0)
|

その他のカテゴリー

*【INDEX】 | *【旅程一覧】 | *旅の準備編 | 1986年夏 サンフランシスコ・ホームスティ3週間&ロサンゼルス観光3日間 | 1987年夏 イギリス・ブライトン・ホームスティ3週間&ロンドン観光3日間 | 1988年春 ロンドン・ホームステイ3週間&ヨーロッパ旅行10日間 | 1989年春 ヨーロッパ旅行(仏・伊・独・アムステルダム・英)30日間 | 1990年夏 韓国旅行(ソウル・慶州・釜山)7日間 | 1991年秋 ヨーロッパ美術旅行(英・ベルギー・独・ウィーン・伊・仏)25日間 | 1992年春 イタリア旅行(ローマ・ペルージャ・フィレンツェ周辺) | 1992年秋 北京と西安旅行8日間 | 1993年春 北イタリア旅行(ミュンヘン・ヴェネチア・ジェノバ周辺)16日間 | 1993年秋 ロンドン旅行9日間 | 1994年冬 カッパドキアとイスタンブール旅行8日間 | 1995年春 南イタリア:マルタとシチリアをめぐる旅15日間 | 1997年春 ローマとナポリ・チュニジア旅行20日間 | 1998年秋 イスラエル旅行11日間 | 1999年秋 スペイン旅行22日間 | 2000年秋 サンクト・ペテルブルクとモスクワの旅12日間 | 2001年秋 ドイツ旅行:ベルリン~ミュンヘン縦断18日間 | 2002年秋 ドイツ旅行:ベルリン~フランクフルト横断20日間 | 2003年夏 オーストリア旅行15日間 | 2004年夏 中欧旅行 (ブダペスト・ウィーン・チェコ)20日間 | 2005年夏 プラハとポーランド旅行20日間 | 2006年秋 ハンガリーとルーマニア旅行23日間 | 2007年夏 ルーマニア旅行23日間 | 2008年夏 ブルガリア旅行17日間 | 2009年夏 ウクライナ旅行17日間 | 2010年夏 バルト三国旅行17日間 | 2010年秋 極東ロシア旅行4泊3日 | 2011年夏 コーカサス3国旅行15日間 | 2011年秋 ウズベキスタン旅行1週間 | 2012年秋 中央アジア旅行11日間 | 2013年夏 ロシア旅行18日間 | 2014年夏 ドイツ旅行18日間 | 2015年夏モスクワ再訪旅行13日間 | 2016年夏 ロシア黄金の環めぐり14日間 | 2018年夏 シベリア・ヤクーツクとサハ共和国7日間 | 中欧旅行食べ物特集 | 写真による旅行記2004年中欧旅行(ブダペスト・ウィーン・チェコ) | 旅先のおみやげシリーズ | 旅先のショーウィンドウ特集 | 旅先の動物シリーズ | 旅先の博物館シリーズ | 旅先の店内シリーズ | 旅先の植物シリーズ