« 今年2017年は海外旅行キャンセル(涙) | Main | 一年のブランクを経て »

本当なら海外旅行に出発していた本日2017年7月5日~キャンセルした海外旅行計画の内容

今年2017年を最後にしばらく海外旅行をあきらめなければならないと思っていましたが、今年はなんとか行けるかも、と計画して3月中に航空券の発券をすませていました。
でも、事情がたてこみ、6月にキャンセルしました。

キャンセルせずに無事に海外旅行に出かけられるとしたら、本日7月5日が出発日でした。

行き先は今年もロシア。
でも今回はモスクワやサンクトペテルブルクの2大都市のいずれも行かず、シベリアのイルクーツクとバイカル湖、そして対岸のウランウデがメインでした。
ウランウデの方は、チベット仏教が色濃い、ロシアにしてはエキゾチックなエリアとなります。

そして、行き先がロシアには変わらないということで、ここのところずっとお世話になっていたロシアや東欧専門の旅行代理店さんに、フライトの相談と航空券の手配からお願いしました。
イルクーツクとウランウデに行くには、大韓航空を使ってソウル経由がよくあるルートだと聞いたところで、であれば途中のソウルでの滞在を日程に組み、レッサーパンダのいる動物園に行きたいと考えました。

というわけで、プランは、

イルクーツクとバイカル湖とフランウデ+ソウルの動物園10日間

となりました。
そのあとで、イルクーツク、ウランウデ、ソウルを経由するルートとして日本航空でも組み立てられることを教えてもらいましたが、ウランウデでの搭乗時間が早朝4時だったり、間に中国系航空会社が入ったり、ウランウデからの帰路が北京経由になったりするので、あまりいいルートとは思えず、当初の大韓航空に決めました。
正確には、ソウルからS7航空に乗り継ぎでした。

そして具体的に予定していたフライト日程は次の通りでした。

7月5日(水)大韓航空704便
 成田出発13:55─ソウル仁川空港到着16:20
(ソウルで2泊・約2日間)
7月7日(金)S7航空504便
 仁川出発17:05─イルクーツク到着20:15
(間に7泊・6日間)
7月14日(金)ソウル乗り継ぎで同日帰国
S7航空503便
 イルクーツク出発11:30─仁川到着16:05
大韓航空001便
 仁川出発: 17:40─成田到着20:00

日程的には、

ソウル2日間+イルクーツクとウランウデで正味6日間

です。

モスクワやサンクトペテルブルグの方まで行かないので、フライト時間がこれまでより短いです。
日本からソウルは約1時間、ソウルからイルクーツク/ウランウデは5時間前後。
帰宅日は翌日にならず、当日中です。
往路は成田出発が13時55分なので、成田空港付近に前泊しないですみました。
ホテル代1泊うくのはよいのですが、前泊も楽しみなので、それはそれでちょっと残念でしたけど。

私自身ははじめ、イルクーツクとウランウデを旅行した後に帰りにソウルに寄ることを考えていました。
でも、インフラや英語の通用度などを考えると、ソウルの方が圧倒的に旅行しやすく、イルクーツクとウランウデはややサバイバルになるので、逆の方がラクだと、担当者さんにアドバイスしてもらいました。

ソウルでは1日あればよいと思ったのですが、レッサーパンダがいる動物園は、ソウル大公園のほかに、エバーランドもあるので、正味2日間とることにしました。
ソウル到着日は夕方なので、ソウルグルメくらいは楽しめるでしょう。
そして翌日1日は、ソウル中心からはかなり遠くてアクセスに時間がかかる上に規模も大きなエバーランドに行き、夕方にソウルを出発する翌々日はソウル市内から地下鉄でアクセスしやすいソウル大公園に行くことにしました。

ソウル滞在部分については、代理店さんの担当外なので、ホテルは自分で手配し、動物園への移動手段も自分で調べて、自力で行くことになりました。

ロシア部分については、日本から手配した方がラクで効率が良い部分についてはお願いし、現地で自分で手配する分には、可能な範囲でアドバイスをもらうことにしました。

なので、ホテルの手配は、たぶん自力でネットサイトでやった方が安いところが探せたかもしれませんが、代理店にお願いし、自分で探す時間と手間を省くことにしました。
その分、現地情報を集めたり、ソウル部分の手配を進めたりしたいと思ったのです。
それに同時に週末の国内の撮影散策もやっぱり続けたかったから。

可能な範囲でのアドバイスというのは、代理店は手配しない部分についてのアドバイスしないのがふつうだからです。
ただ、長年つきあいのある担当者さんなので、雑談レベルでクチコミや情報を教えてくれないわけではないのです。
それは私にとって、ネット上の玉石混合で信憑性の確認のしようのない一般のクチコミに比べてどんなに頼りになることでしょう。
そうでなくてもウランウデやイルクーツクって、あまり日本人旅行者が旅行しそうにないですので、情報は少なそうです。
いや、意外に旅行しているかもしれませんが、旅行した人みんなが、いちいちネットのクチコミとかブログとかに情報をアップしているとは限らないので、ネット上から情報を拾うのは難しかろうと思います。

逆にソウルについては、玉石混合であれ、ネットから情報を探るのは、まだずっとラクだろうと思いました。
ただし、動物園情報に限定すると、英語サイトはあまりなく、公式サイトでも英語情報はあまりに少なかったのではじめは苦労しましたが、こういうときにブラウザの機械翻訳機能でハングル語を日本語に訳せば、へんちくりんな日本語でも情報を得るには有効であることに初めて気付きました。
ちなみに、それまでロシア情報は、ロシア語サイトのときは、辞職を片手にそのまま読み取るにむなしい努力をしていた私ですが(それはそれで勉強になりましたが)、ロシア語であれば、機械翻訳で英語に訳せば、同じように必要な情報は拾えることに、いまさら気付きました。
本当にいまさらでした(苦笑)。

フライトが決まってまもなく、韓国では大統領の罷免さわぎが起きて、治安的には不安になりましたが、大統領選挙は5月でしたし、7月までには一段落するだろうと思えました。

ちなみに、私自身は昔、韓国を一週間ほど旅行したことがありますが、それは1990年のことなので、いまとなってはソウルに初めて行くも同然でした。
当時はまだ、韓国語を勉強していました。といっても、旅行会話程度も使い物にならずに、単にハングルが読めるだけましという程度でしたが、旅行するにはちょっとは役に立ちました。
いまやハングルから遠ざかって久しいので、そこの部分の自分の知識はもう当てになりませんが、最近のソウルは1990年代と比べものにならないくらい旅行インフラが整っているし、日本人観光客も大勢出かけていて、情報はたっぷりあるので、これまでロシアや東欧諸国に行くのに比べたら、ずっとラクそうでした。
図書館で「地球の歩き方ソウル」を借りてみて、ガイドブックをしっかり読み込んで頭に入れれば、現地での苦労は少ないだろうと思いました。

イルクーツクとウランウデについては、代理店に依頼するのは基本的にはホテルと2都市間の移動だけ。
ただ、市内はともかく、地方へのエクスカーションは、私にとって、相当ハードルが高くなりそうでした。
去年2016年に出かけた黄金の環の地方都市とは比べものにならないくらい、外国人旅行者にとってのインフラは整っていないようなのです。
だからといって、日本から現地でのエクスカーションを手配するとなると、これまでだってそう安くはありませんが、相当高くなるので、代理店の担当者さんですら、あまりお薦めしないとのことでした。
おそらく英語ガイドはそれほどいなくて、高い料金を払っても、コストパフォーマンスが相当悪いのでしょう。
でも、公共交通機関はネットであらかじめ時刻表を調べるのは困難で、そもそも旅行者向けではないので、サバイバルになるのを覚悟した方がいいとのことでした。
手配対象外なので、これまでのように、日本の代理店の担当者さんに、こうしたいんだけど、とアバウトな希望を述べるだけで、具体的なやり方を提案してもらえることは期待できません。

なので、エクスカーションしたければ、ガイドブックに載っている代理店を通じて自力で手配することを考えようと思いました。
昔の東欧旅行のときにやったように、英語のメールのやりとりで手配予約ができるならやるもよし、公式サイトで情報を拾って現地でその場で相談するのでもよし。

でも、イルクーツク湖畔のリストビャンカ村では宿泊するつもりでしたから、近辺の都市からイルクーツク湖へのエクスカーションというのは必要はありません。
なので、今回はエクスカーションにはそれほど固執していませんでした。
シベリアのパリといわれたイルクーツクの市内観光とバイカル湖ぶらぶら、そしてウランウデ市内の民俗博物館めぐりなどでも、十分楽しそうだと思いました。

ただし、イルクーツクとリストヴャンカ村の途中にある木造建築博物館にはぜひ訪れたいと思いました。ただ、まだ詳しく調べる前でしたが、このエリアのエクスカーションの中ではハードルが低い方だと思いました。
人気のバイカル湖岸鉄道はかなり前から予約しておかなければなかなか乗れないようですが、この段階ではそれほどそそられず、無理して予定にいれなくてもいいやと思っていました。
オリホン島は2泊3日以上が基本だというので、この短い旅程では厳しかろうと思って、対象外としました。
それに、私はどちらかというと町歩きに楽しみを見付けやすいので、島に2泊3日って、景観が良かったり、自然が良かったりするかもしれませんが、1人でなんの知識もなく滞在していたら、時間を持てあましそうだとも思ったのです。

というわけで、3月中にフライトを決めて航空券をとった後、出発の7月までまだ時間があるので、月ごとに達成目標をゆるく定め、少しずつ情報を集めていろいろ決めていこうと思っていました。
その間に、旅行を妨げる要因をできるだけクリアしていきながら。

結局、その要因をクリアできなかったので、今回の海外旅行はあきらめることにしたわけです(涙)。

でも、完全にあきらめたわけではありません。
今年2017年はあきらめましたけど、今までだって、いったん中止した計画を、数年後に温め直して実現させたことはありました。
イルクーツクもバイカル湖もウランウデもソウル動物園も私が生きているうちになくなるものではありません。
そして海外旅行をもしかしたらこの先何年も自粛することになるかもれしませんが、もう一生できないとは思っていません!
まあ、私自身の関心が他に移り、別の行き先や目的を優先してしまう可能性はないこともないですけどネ(苦笑)。

|
|

« 今年2017年は海外旅行キャンセル(涙) | Main | 一年のブランクを経て »

Comments

時々 4トラベルを拝読しながら、海外旅行はまだかしら?今年はどちらかしら?と気になっていましたが、いらっしゃれなくなったのですね。海外旅行記読ませていただけるのを楽しみにしていましたのに。
でも当然ご本人の方ががっかりなさっていらっしゃるでしょうに。
どういうご事情かわかりませんが、お元気で国内はご旅行されているので心配するような事態がおこっているのではないのですよね。4トラベルの方引き続き楽しませていただきます。

Posted by: yk | July 09, 2017 at 10:35 PM

ykさん、コメントありかとございます。
あしあとでykさんが見にいらしているのを確認しました。ありがとうございます。
今年は海外旅行がなくて、残念に思っていましたが、ちょっとずつですが去年の黄金の環の旅行記のつづきを作成中ですので、また見にいらしてくださいね。
こちらのブログに載せていなかった写真が、まだたくさんあるんです@

Posted by: まみ | July 11, 2017 at 05:52 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/52115/65497600

Listed below are links to weblogs that reference 本当なら海外旅行に出発していた本日2017年7月5日~キャンセルした海外旅行計画の内容:

« 今年2017年は海外旅行キャンセル(涙) | Main | 一年のブランクを経て »