April 2019
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

Recent Trackbacks

Categories

無料ブログはココログ

« November 2015 | Main | April 2016 »

今年2016年の海外旅行計画、始動!

約4ヶ月の沈黙を破って、再びこのブログの記事を更新します!
今年もロシアに行くことに決めました。
2014年にロシアによるクリミア併合による政情不安から、計画途中であきらめた計画を復活させます!
黄金の環めぐりです!

日数は、去年2015年と同じく、正味12日半くらいしかとれなくなったのと、去年はモスクワをゆっくり観光できたので、今回は黄金の環メインです。
モスクワ滞在時間は、フライトの関係で1日目に半日、最終日に出国日に半日ずつのみで、残りはすべて、黄金の環めぐりに捧げるプランです。

そのため、2014年に掲げたプランよりは違ってきましたが、黄金の環の街めぐり・田舎めぐりというテーマは変わりません。

2014年のプランから変えたのは、日程に余裕があったときは、間にいったんモスクワに戻ることで、一部はモスクワのホテルに荷物を置いて、軽装で行くことが考えられたからです。
でも、今回は、途中でモスクワに戻っている余裕はありません。下手すると、移動のほとんどがスーツケースを持ったフル装備になりそうでした。
どうしても荷物を減らせない私にとって、大きなハードルです。
鉄道移動ならまだしも、黄金の環の都市はバス移動がメインになるので、なおさら重い荷物は邪魔です。
邪魔なら持って行かなければいいのに、どうしたらいいんでしょう。
減らせないのなら、いつものとおり、ルートの中に軽装で回れる部分を入れることを考えるしかありません。

それで頭を悩ませていたところ、いつもお世話になっている旧ソ連圏メインの旅行会社の担当者さんに日程づくりを手伝ってもらい、あっという間にルートが決まりました。
できるだけ連泊して、移動は少なく、それもできるだけ列車でつなげられるコース。
Lonely Planetの決して多くない記述を頼りに一から考えなければならなかった私に比べると、ロシアに詳しい担当者さんから今回も良いアイデアをもらえました。
「地球の歩き方」はもとより、Lonely Planetでもあまり詳しく載っていないけど、なかなか良さそうなのに、ガイドブックにないことで目をつけにくいところを紹介してくれたことも、とてもありがたいです。

その旅程の詳細は後日。
まだ検討中のところがあるのですが、一部、車も手配したり、英語ガイド付きの工房訪問ツアーの日も入れたりして、贅沢なプランになりそうです。

ちなみに、列車のチケットは、ロシアであっても今ではその気になれば英語サイトで、自分で予約購入できるでしょう。
ホテルも、ホテル予約サイトで、自分で探して取れるでしょう。
でも、今回も、そのあたりは割高覚悟ではしょって、代理店にお手伝いしてもらうことにしました。
割高な分は、今回の旅程もそうですが、手配を頼んだ部分は、一人孤独にネットの世界の中でクチコミを探したりするだけでなく、ロシア旅行の手配のプロに相談に乗ってもらえることや、移動や宿泊の部分で一から情報を探さなくてすむ分、自分の時間を他に回せることや、ネットで検索する内容も時間も、不安解消や観光を少しでも充実させるプラスアルファ部分の情報検索に集中できることや、万が一現地で手配上の手違いがあったときに、代理店の現地パートナーを通じてSOSを出せることなどを考えると、十分そのメリットがあると考えたからです。

それと、ロシアのビザ申請がいままで通り宿泊先や基幹的な移動を記載しなければならないのであれば、自分で手配した場合、代理店さんにお任せできそうにないかも、というのも不便だと思いました。
申請方法が変わっていなければ、自分で申請する場合は、平日の午前中に2度ほど仕事を休まなければならないでしょう。
代行手配を頼むとしても、自分で宿泊を手配した場合、申請書の記載は自分の責任でやるとになり、不備があった場合のリスクは、自分で追わなければなりません。たとえば、もう1度足を運ばせることで、申請料が上がったりするかもしれません。
ただし、このあたりの仕組みは分からないし、代理店によって対応が違うでしょうから、私にとって不利な方で想定した推測です。

現地でのSOSは、いまでも思い出すとぞっとしますし、2度とあって欲しくないですかが、ウズベキスタンで国際線の大幅な遅れのせいで国内線に乗り遅れたとき(同じウズベキスタン航空だったのに、成田空港で国内線の分までチェックインしてくれず、入国後に国内線の空港でチェックインし直すことになっていたので、国内線は私を待つことなく飛び去ってしまったのです)。
あのときはまだスマフォも持たず、インターネットに接続する手段を持参していなかった私は、空港で途方にくれましたが、予定のホテルのキャンセルと、乗り遅れた地でのホテルの取り直しを、電話一本で代理店に事情を説明してお願いすることができました。
そういう、旅程が変わってしまう大きなトラブルは、ほんとにもう2度とゴメンですが(自力で解決できる小さなトラブル未満くらいなら、旅のメリハリになりますが)、代理店というつながりを持つことで、完全一人旅ではなくなる点では、そういう万が一のときには保険になると思っています。

今年の旅行に行く前に、去年のフォートラベル(http://4travel.jp/traveler/traveler-mami/)での詳細旅行記を完成させたいのですが、最近は週末の撮影散策がますます盛んになり、まだ未完成なものがあります。
レッサーパンダ動物園に行くために、秋から冬にかけてせっせと国内遠征をしていたので、ロシア旅行記の作成はとまっていました。
今年の旅行のことを考え始めたとき、やっとまた去年のロシア旅行記作成を再開させることができました。

去年の旅程は以下のとおりです。
◎印は、フォートラベルの詳細旅行記が完成している部分、▲は残り半分、●はまだです。

◎2015/06/30火 職場から成田のホテルに前泊
◎2015/07/01水 成田第2空港からJALでモスクワへ&モスクワちょっと観光
◎2015/07/02木 モスクワ半日観光&S7航空でカザンへ
◎2015/07/03金 カザン1日目(クレムリンと国立博物館)
▲2015/07/04土 カザン2日目(現地ツアーに参加)
●2015/07/05日 S7航空でモスクワへ&モスクワ半日(トレチャコフ新館)
●2015/07/06月 モスクワ4日目(ノヴォデビッチほか)&ニクーリン・サーカス
●2015/07/07火 モスクワ5日目(トレチャコフ本館)&ククラチョフの猫劇場
●2015/07/08水 モスクワ6日目(ツァリツィノ公園)&ボリショイ・サーカス
◎07/09木 モスクワ7日目(赤の広場とモスクワ動物園)
◎07/10金 モスクワ8日目(モスクワ動物園とプーシキン美術館)
●07/11土 モスクワ9日目(アルバート街と東洋博物館)
◎07/12日 モスクワ半日&出国(翌日成田着)

それから先に作成するつもりだったのに、途中でストップしてしまった、テーマ別ハイライト旅行記。予定している下記のうち、作成し終わっているのはその6までで、7~13はまだです。
おやぁ、完成しているのは半分未満ではないですか!

その1:モスクワのホテルと朝食
その2:カザンのホテルと朝食
その3:カザンの朝食以外の食事とレストランやカフェ
その4:モスクワの朝食以外の食事とレストランやカフェ
その5:初めてのダマダージェボ(ドモドジェボ)空港とアエロエクスプレス
その6:カザンの町に一本のエキゾチックな地下鉄
その7:モスクワの名高き麗しの地下鉄ごく一部
その8:花いっぱいの夏のロシア
その9:動物園以外で出会った動物
その10:モスクワの町角の正教会
その11:モスクワ3大サーカス3夜連続観劇
その12:ちょっぴりモスクワ夜景
その13:ゲットしたもの~買ったものや入場券の半券など

最近、ロシア旅行記の作成も進んだような気になっていましたが、こうやって見直すと、まだまだ残っていました。
終わるかなあ、今度の夏の旅行までに。
もうすぐ4月。仕事にプライベートにばたばたしているうちに、あっという間に夏になってしまう気がします。
2014年のドイツ旅行記のように、今年の旅行に行く前に未完成旅行記は、とりあえず写真だけでもアップする形をとらざるを得ないかもしれません。
いまからあきらめたくないですが。

« November 2015 | Main | April 2016 »